[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ライフタイムコミッション

pointこの用語のポイント

point広告主の幸せが続く限り、継続的に報酬を受け取れる仕組みだよ

pointアフィリエイト関連で出てくる用語だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ライフタイムコミッションとは

アフィリエイト関連の用語のひとつで「幸せのおすそ分けをするよ」な報酬体系のこと。
もう少し真面目に書くと

「サービスの継続利用等、サービス提供者にとっての幸せが続く限り継続的に報酬を受け取れますよ」な仕組みのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「こっちが幸せな間は、おまえにも報酬をあげるよ」な報酬体系が「ライフライムコミッション」です。
レンタルサーバーなど、継続的に利用してもらいたいサービスで導入していることが多い制度です。

例えば、そうですね。

ピヨ太君がレンタルサーバ事業「ぴよぴよサーバ」を始めたとしましょう。

「ぴよぴよサーバ」は事業を始めたばかりです。
知名度が低く、使ってくれるお客さまも多くありません。
これでは事業で儲けてガッポガッポでウッハウハは夢のまた夢です。

そこでピヨ太君は一計を案じました。
「そうだ!お客さまを紹介してくれた人にお金をあげよう!」と考えたのです。

ライフタイムコミッション

ピヨ太君は「ぴよぴよサーバ」を利用してくれた人とお客さまを紹介してくれた人に1,000円ずつあげることにしました。
「あげる」と言うと聞こえが良くありませんね。
「キャッシュバック」にしましょうか。
いや、もういっその事「報酬」と呼ぶことにしましょう。

ぴよぴよサーバ紹介者キャンペーン実施中!
紹介者とサービス利用者には、感謝の気持ちとして1,000円あげちゃいます!


そんな広告をピヨ太君が出したところ、お客さまが増えました。
ガッポガッポです。

ピヨ太君は喜びました。
「よっしゃ!1,000円ずつあげたのは痛いけど先行投資だ!これから元を取るぞ!」と気合を入れます。

ところがどっこい、1,000円貰った人たちは、すぐに解約してしまいました。
ピヨ太君は1,000円の払い損ですね。
ぴよぴよサーバは大赤字です。

ライフタイムコミッション2

しかし、ピヨ太君はへこたれません。
ない頭をぴよぴよ捻って、こんな広告を出しました。

ぴよぴよサーバ紹介者キャンペーン実施中!
紹介者とサービス利用者には、感謝の気持ちとして1年ごとに100円あげちゃいます!
しかも!
あなたがサービスを利用している限り毎年100円ずつ「永久に」あげちゃいます!
一生ですよ!一生!毎年100円が一生続くのです!


これが大当たりしました。
「毎年100円が一生続く」に騙されて……もとい、引き寄せられたのでしょう。
お客さまが、たくさん訪れました。

しかも今度は、すぐに解約される心配もありません。
解約してしまうと、来年以降の報酬が貰えなくなってしまいますからね。
みなさん、継続的にサービスを利用してくださっています。

めでたし、めでたし。

ライフタイムコミッション3

この「毎年100円が一生続く」なやり方が、ライフタイムコミッションです。
「俺が幸せな間は、おまえにもおすそ分けしてやるよ!」な方式です。

個人的には「上手いやり方だな~」と感心しています。
支払う報酬(毎年100円)はサービスの利用料に乗せちゃえば良いですからね。
ポジティブなイメージを与えつつ「解約金」と同じような役割もありそうです。

解約金は「止めたらお金を取られる」です。
それに対して、ライフタイムコミッションは「止めたらお金を貰えなくなる」です。
「取られると」と「貰えない」の違いはあれど、どちらも「止めたら損だな~」と思わせる効果が期待できます。

一見すると紹介者にとって幸せな仕組みでありながら、実際には事業者にとってより幸せな仕組みなところが「ふむふむ」って感じですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ライフタイムコミッション」って単語が出てきたら「広告主の幸せが続けば継続的に報酬を受け取れるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク