[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

パーミッション (permission)

pointこの用語のポイント

pointアクセス権だよ

point「書き込み」「読み取り」「実行」の3つの権限があるよ

point「自分」「仲間」「他人」のそれぞれに対して設定できるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

パーミッション (permission)とは

フォルダやファイルに対するアクセス権限のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

UNIX系(LinuxとかMacとか)でよく使われる表現です。
Windowsで言う「ファイルフォルダの『アクセス許可』」みたいなものですね。

ファイルやディレクトリに対して3つの権限を3人分設定します。

まず3つの権限とは

読み取り権限(読んで良い?)
書き込み権限(書いて良い?)
実行権限(動かしても良い?)


の3つです。

3人とは

自分(ログインしているユーザ
仲間(自分と同じグループの人)
他人(他のグループの人)


の3人です。

3つの権限に対して3人分、つまり9個のOK or NGを設定するのです。
その「3つの権限×3人分」をまとめて「パーミッション」と呼びます。

例えば「自分は読み書きできるけど他の人は見るだけ」にしたいファイルは

1.読み取り権限(読んで良い?)
 自分 → ○
 仲間 → ○
 他人 → ○

2.書き込み権限(書いて良い?)
 自分 → ○
 仲間 → ×
 他人 → ×

3.実行権限(動かしても良い?)
 自分 → ×
 仲間 → ×
 他人 → ×


のように設定してあげます。

「自分と仲間は何をしても良いけど他人には何もさせない」場合は

1.読み取り権限(読んで良い?)
 自分 → ○
 仲間 → ○
 他人 → ×

2.書き込み権限(書いて良い?)
 自分 → ○
 仲間 → ○
 他人 → ×

3.実行権限(動かしても良い?)
 自分 → ○
 仲間 → ○
 他人 → ×


のように設定します。

このようにパーミッションを調整することでセキュリティを高めるのです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「パーミッション」って単語が出てきたら「アクセス権限のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク