[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

デバイスファイル (device file)

pointこの用語のポイント

pointファイルだよ

pointデバイスドライバにアクセスするためのインタフェースだよ

pointデバイスとやり取りするときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

デバイスファイル (device file)とは

コンピュータにくっつけた部品(機器)とアレコレやり取りするためのファイル。
もう少し小難しく書くと

デバイスドライバにアクセスするためのインタフェースとなるファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

おっとぉ、小難しい言葉がいっぱい出てきましたね。
先に予備知識から学んでおきましょう。

まず「デバイス」は「コンピュータにくっつける部品(機器)」です。
マウスキーボードCPUハードディスクなどですね。

デバイスドライバ」は「デバイスを動かすために必要なソフト」です。
こいつが無いとデバイスさんが動きません。

インターフェイス」は「何かと何かのくっついている部分」です。
今回は「中継役」くらいの意味で解釈してください。

さて、これで予備知識はバッチリです。
話を戻しますね。

例えばここにコンピュータとプリンタがあったとします。

まずコンピュータにプリンタをガション!とくっつけます。

ガション!

プリンタを動かすためには、プリンタ用のデバイスドライバが必要です。
プリンタ用のデバイスドライバをコンピュータの中に入れます。ズブッ。

さて、プリンタもくっつけましたし、プリンタ用のデバイスドライバも準備ができました。
あとはデバイスドライバに命令してプリンタを動かすだけです。

このデバイスドライバに対しての命令を簡単にするために用意されているのが「デバイスファイル」です。
デバイスドライバにやって欲しいことがあれば、デバイスファイルさんに言えば代わりに伝えてくれます。

例えば、プリンタのデバイスファイルさんに「おい、ちょっくらこれを印刷してよ」と命令しました。
そうするとデバイスファイルさんはデバイスドライバさんに対して「印刷してって言われた~」と伝えます。
その伝言を聞いたデバイスドライバさんはえっちらおっちらとプリンタを動かして印刷してくれるのです。

デバイスファイルに対してアレコレすると、それがデバイスドライバに伝わります。
デバイスドライバにアレコレが伝わると、デバイスドライバはその伝わったアレコレに従ってデバイスを動かします。
つまりデバイスファイルに対してアレコレすることで(デバイスファイル、デバイスドライバを経由して)デバイスを動かすことができるのです。

デバイスファイル

これがデバイスファイルさんの役目です。
デバイスドライバさんとの中継役になってくれます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「デバイスファイル」って単語が出てきたら「デバイスとやり取りするためのファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク