[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

相対パス

pointこの用語のポイント

pointファイルやフォルダの場所だよ

point自分が今いるところが基準だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

相対パスとは

「自分が今いるところ」を基準にして表現したファイルやフォルダの場所
です。

image piyo

詳しく書くよ

「相対」+「パス」で「相対パス」です。

相対パス

相対は「場所によって違うよ」の意味ね。
パスは「ファイルフォルダの場所」です。

つまり「いる場所によって表現方法が変わるファイルやフォルダの場所」が「相対パス」です。

例えば、日本の神奈川県のピヨピヨハウスの二階にピヨ太君がいるとします。

相対パス2

ピヨ太パパとピヨ太ママは一階にいます。

相対パス3

ピヨ太パパはピヨ太ママに聞きました。

「ピヨ太はどこに行った?」

ピヨ太ママは答えます。

「上の階にいますよ」

おっと、ここでピヨ子さんから電話が掛かってきました。

ピヨ子さんはピヨ太ママに尋ねます。

「ピヨ太君はどこにいますか?」

ピヨ太ママは答えます。

「上の階にいますよ」

ピヨ子さんは天井を見上げます。あれ?

この「上の階にいますよ」が相対パスです。
「上の階にいますよ」で通じるのは、あくまでピヨピヨハウスの一階にいるピヨ太パパとピヨ太ママだけです。
ピヨ子さんに伝える場合には「ピヨピヨハウスの一階を基準にして上の階」もっと親切に言うなら「ピヨ子さんのお家を出ててくてく歩いてくると着くピヨピヨハウスの玄関を入ると着く部屋の一つ上の階」と言わなくてはいけないでしょう。

このように、自分や相手がどこにいるかによって、表現を変えなくてはいけない場所の示し方が「相対パス」です。

もう少しコンピュータっぽい例も見てみましょう。

フォルダ1の中にフォルダ2があってその中にフォルダ3があったとします。
フォルダ3の中に、テキスト1が入っていました。

相対パス4

このとき

自分を基準にして、フォルダ1の中にあるフォルダ2の中にあるフォルダ3の中にあるテキスト1

自分を基準にして、フォルダ2の中にあるフォルダ3の中にあるテキスト1

自分を基準にして、フォルダ3の中にあるテキスト1

自分を基準にして、目の前にあるテキスト1

のように表現するのが相対パスです。
コンピュータっぽく書くと

./フォルダ1/フォルダ2/フォルダ3/テキスト1

./フォルダ2/フォルダ3/テキスト1

./フォルダ3/テキスト1

./テキスト1

もしくは

.\フォルダ1\フォルダ2\フォルダ3\テキスト1

.\フォルダ2\フォルダ3\テキスト1

.\フォルダ3\テキスト1

.\テキスト1

のような書き方となります。

この表現方法は、自分がフォルダ1の中にいるかフォルダ2の中にいるかフォルダ3の中にいるかで、言い方が変わります。
自分のいる場所を基準にした表現なので、自分の場所が変われば、位置関係も変わってしまうのです。

フォルダ1の中にいるピヨ太君にとって、テキスト1のある場所は

目の前にあるフォルダ2の中にあるフォルダ3の中にあるテキスト1

です。

相対パス5

フォルダ2の中にいるピヨ子さんにとって、テキスト1のある場所は

目の前にあるフォルダ3の中にあるテキスト1

です。

相対パス6

フォルダ3の中にいるアクマ君にとって、テキスト1のある場所は

目の前にあるテキスト1

です。

相対パス7

このように、自分のいる場所を基準とした表現、いる場所によって表現方法が変わる場所の示し方が「相対パス」です。
「自分のいる場所を基準とした」「いる場所によって表現方法が変わる」がポイントですね。

ちなみに、どこにいても同じ表現が使える場所の示し方は「絶対パス」と言います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「相対パス」って単語が出てきたら「自分のいる場所を基準にして説明したファイルやフォルダの場所なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク