[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

tty【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointUNIX系で使えるコマンドだよ

point接続端末のデバイスファイル名を表示するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

tty【コマンド】とは

接続端末のデバイスファイル名を表示するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

UNIX系(LinuxとかMacとか)で使えます。

書き方は

tty [オプション]

です。
オプションは少しだけあります。

オプション説明
-s実行結果を画面に表示しない
--helpヘルプを表示する
--versionバージョン情報を表示する

ですね。

「tty」コマンドコマンドライン上から接続端末のデバイスファイル名を取得する際に使います。

……とか言われてもよく分かりませんよね。

細かい部分で間違った説明をすることになりますが、もう少し分かりやすく書くことにしましょう。

UNIX系のOSでは、ログインすると一時的に名札が貰えます。
この名札が「デバイスファイル名」で「あれ?自分って今どんな名札を付けているんだっけ?」を確認するコマンドが「tty」コマンドです。

例えば、AさんとBさんが自分の端末からそれぞれSSHで接続しているとしましょう。

Aさんが

tty

と打ちました。
結果は

/dev/pts/0

でした。

同じようにBさんも

tty

と打ちました。
結果は

/dev/pts/1

でした。

このときの「/dev/pts/0」「/dev/pts/1」が一時的に貰った名札です。

さて、ここでAさんがとあるイタズラをしました。

echo "piyopiyo" > /dev/pts/1

というコマンドを打ったのです。
echoの結果を「/dev/pts/1」に送ったれやーな指示をしました。

結果はどうなるか?

「/dev/pts/1」は確かBさんの名札でしたね。

そうです。

Bさんの端末の画面に「piyopiyo」という文字が表示されるのです。

もちろん、権限的にそれが許可されている場合は、ですけどね。
Aさんのコマンドの実行結果がBさんに届いちゃいます。

このように端末に一時的に割り当てられた名札が「デバイスファイル名」です。
そして自分に割り当てられた名札を確認するコマンドが「tty」コマンドなのです。

更に余談めいてしまいますが、もう少しだけお付き合いください。
「/dev/pts/0」は「/dev/pts/」にある「0」です。

ですからAさん、Bさんが接続した状態で

ls /dev/pts/

というコマンドを実行すると、結果は

0 1

になります。
0がAさん、1がBさん用です。

さてさて、ここでBさんがログアウトしたとしましょう。

ls /dev/pts/

の実行結果はどうなるでしょう?

そうですね。
今はAさんしかいませんから

0

になります。
Bさんに割り当てられていた「1」は無くなりました。

「/dev/pts/」には現在接続している奴等の名札が置いてあります。
どの名札を自分が使っているか確認するコマンドが「tty」コマンドです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「tty」ってコマンドが出てきたら「接続端末の一時的な名札を表示するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク