[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

パス (path)

pointこの用語のポイント

pointファイルやフォルダの場所だよ

pointファイル名を含む場合と含まない場合があるよ

pointWindows系では「\」で区切るよ

pointUNIX系では「/」で区切るよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

パス (path)とは

ファイルやフォルダの置いてある場所のこと。
あるいは

「ファイルやフォルダの置いてある場所」+「ファイルの名前」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば、ファイルさんやフォルダさん(ディレクトリさん)のいる場所を示す情報が「パス(path)」です。
「どこにいるの~?」と聞かれて「ここだよ~」と答えた際の「ここ」ですね。

パス

パスは

C:\Windows\system32\



/usr/bin/perl

のような形で書きます。

Windows系では「\(円マーク、バックスラッシュ)」区切りで階層を表現します。
例えば

C:\Windows\system32\



「C:」ドライブの中にある「Windows」フォルダの中にある「system32」フォルダ

を表しています。

パス2

UNIX系(LinuxとかMacとか)では「/(スラッシュ)」区切りで階層を表現します。
例えば

/usr/bin/perl



「usr」ディレクトリの中にある「bin」ディレクトリの中にある「perl」という名前のファイル

の意味になります。

パス3

基本的な考え方は住所と同じです。
位置を示す情報です。
左に行くほど大きなくくりになります。

ちなみに、パスにファイル名を含むか含まないかは、ケース・バイ・ケースです。
というか、どちらの場合もあると思います。

例えば、そうですね。

ピヨ太君が、とあるプログラムを作りました。
ファイル名は「piyota.exe」です。
「C:」ドライブの中にある「Windows」フォルダの中に置いてあります。

パス4

あくまで私の場合ですが「ピヨ太君が作ったプログラムのパスを教えて」と言われたら

C:\Windows\piyota.exe

と答えます。
おそらく相手がファイル名を知らないだろうからです。

もし「piyota.exeのパスを教えて」と言われたら

C:\Windows\

と答えます。
相手はファイル名を知っているからです。

ファイル名を含むか含まないかは、前後の文脈や相手の状況から判断してください。

相手がファイル名を知っていそうであれば、ファイル名は含まないはずです。
例えば、ソフトから

「kekka.txt」を出力するパスを指定してください

と指示されたとしましょう。
この場合の「パス」にはファイル名を含みません。
意図は

「kekka.txt」を出力する場所を指定してください

です。

それに対して

実行するファイルのパスを指定してください

であれば、話が変わってきます。
おそらく、この場合の「パス」にはファイル名を含むはずです。
ソフトは実行するファイルのファイル名を知らないはずですからね。
意図は

実行するファイルの場所と名前を指定してください

です。

「パス」と出てきた場合、相手がファイル名を知っていそうであれば「場所」と読み替えてください。
ファイル名を知らなそうであれば「場所と名前」と読み替えてください。

絶対とは言えませんけどね。
基本的には、それで問題は起きないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「パス」って単語が出てきたら「ファイルやフォルダの場所(と名前)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク