[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

if文

pointこの用語のポイント

pointプログラムを書くときの構文だよ

point条件分岐を書くときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

if文とは

プログラミングで使う構文のひとつ
であり

「もし○○だったら××してね~」な条件分岐を書くときに使う構文
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

プログラムは「人間様の代わりにコンピュータさんにあれこれ命令してくれるやつ」ね。
このプログラムを実際に作る作業を「プログラミング」と言います。

if文

プログラミングは、コンピュータさんに対して、仕事を指示する行為です。
「この場合は、あれしろ」「この場合は、これしろ」と、細かく指定していきます。

さて、このコンピュータさんに対する指示ですが、条件によって、やることを変えたい場合があります。
例えば「パンがあったらパンを食べる、パンが無いけどケーキがあったらケーキを食べる、パンもケーキも無かったら暴れる」とかですね。

多くのプログラミング言語で用意されている、このような処理を書くときの構文のひとつが「if文(イフブン)」です。
「このような処理」は一般的に「条件分岐」と呼ばれます。

if文の書き方は

if(パンはある?){
 パンを食べる
}else if(ケーキはある?){
 ケーキを食べる
}else{
 暴れる
}


のような形が一般的です。
プログラミング言語によって細かい違いはありますけどね。
英語の「if(もし~)」「else(他の)」と意味合いは一緒です。

if文2

if文の基本的な説明はこれで終わりなのですが、先程「プログラミング言語によって細かい違いはあります」と書いたので、簡単に触れておきますね。

例えば、基本的なプログラミング言語として有名なC言語におけるif文の書き方は、以下の通りです。

if(条件1){
 処理1;
}else if(条件2){
 処理2;
}else {
 処理X;
}


これが、ごくごく一般的な書き方です。
他のプログラミング言語も多くはこの記述形式ですね。

一昔前によく使われていたスクリプト言語Perlにおけるif文の書き方は、以下のようになります。

if(条件1){
 処理1;
}elsif(条件2){
 処理2;
}else {
 処理X;
}


おっと、「else if」が「elsif」になりましたね。
微妙に違います。
とはいえ、書き方の基本は同じです。

最後に、名前だけはよく聞く、でも開発環境を用意するのが意外と面倒なVBにおけるif文の書き方です。

If 条件1 Then
 処理1;
ElseIf 条件2 Then
 処理2;
Else
 処理X;
End If


おっとぉ、先程までとは、ちょっと雰囲気が違いますね。
「Then」とか、くっついちゃっています。

ですが、書き方の基本は同じです。

このように、言語によって細かい差がありますが、大きなところでは共通しています。

少し話がそれますが、これが

プログラミング言語を勉強するときは、1つの言語をしっかり理解しろ

と、よく言われる理由です。

言語の種類が違っても、基本的な構文は似ています。
何か1つの言語を極めてしまうと、2つ目以降の学習が楽になるのです。

先輩とかを見ていると、はじめて触るはずのプログラミング言語でも、あっという間に使いこなしていたりしますよね。
あれは、過去の経験(別のプログラミング言語の知識)を応用することによって、ある程度の内容を推測できるからです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「if文」って単語が出てきたら「プログラミングで条件分岐を書くときの構文なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク