[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

増分バックアップ

pointこの用語のポイント

pointバックアップのやり方だよ

pointまだバックアップしていないファイルをバックアップするよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

増分バックアップとは

「前回バックアップしたときと違うファイルだけをバックアップしますよ~」なバックアップのやり方のこと。
言い方を変えると

「まだバックアップしていないファイルをバックアップしますよ~」なバックアップのやり方のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

バックアップは「同じ物を複製して保管しておくこと」ね。

増分バックアップ

それを踏まえて「まだバックアップしていないファイルをバックアップするぜ!」なバックアップのやり方が「増分バックアップ」です。

無駄は嫌いです。省エネバンザイ!
既にバックアップ済みのファイルは無視します。
前回バックアップしたときから変更のあったファイルや新しく出来たファイルのみをバックアップしてあげます。

例えば、コンピュータの中のファイルが

1月1日:ファイルA
1月2日:ファイルA、B
1月3日:ファイルA、B、C、D


だけあったとしましょう。

1月1日にフルバックアップ(全部のファイルのバックアップ)を取りました。
1月2日以降は1日1回増分バックアップを取りました。

そうすると、バックアップされるファイルは

バックアップ1月1日分:ファイルA(フルバックアップ)
バックアップ1月2日分:ファイルB(増分バックアップ)
バックアップ1月3日分:ファイルC、D(増分バックアップ)


になります。
その日の段階で、まだバックアップされていないファイルだけがバックアップされていますね。

増分バックアップ2

ちなみに、1月1日がフルバックアップになっているのは、すべてのファイルが増えたファイルだからです。

何もない状態からの増分バックアップ = フルバックアップ

になります。

増分バックアップのメリットは、バックアップに掛かる時間や負担が少ないことでしょう。
必要最低限のファイルしかバックアップを取りませんからね。
バックアップするファイルの量が最低限で済みます。

逆にデメリットは、バックアップを戻すのが面倒くさいことでしょうか。
バックアップしたファイルをすべて戻してあげないと、元の状態には戻りません。

あと、半分余談ですが、せっかくなので「アーカイブ属性」の話もしておきますね。
興味がない方は適当に読み飛ばしてください。

アーカイブ属性は、ファイルにくっついている「バックアップ用の目印」です。
ファイルのアーカイブ属性がonだったら「まだバックアップされていないよ」の意味になります。
offだったら「もうバックアップされたよ」です。

増分バックアップ3

増分バックアップを行う場合、アーカイブ属性がonになっているファイルのみをバックアップします。

増分バックアップ4

さて、増分バックアップが終わりました。

そうすると、バックアップしたファイルのアーカイブ属性がoffになります。
バックアップしたファイルに対して「バックアップ取ったぜ!」の目印を付ける(「バックアップしてないよ」の目印を外す)のです。

増分バックアップ5

これが増分バックアップをしたときのアーカイブ属性の変化です。
余談なので忘れちゃっても構わないですけどね。

あっ、そうそう。
大事なことを書くのを忘れていました。

増分バックアップと似て非なるものに「差分バックアップ」があります。
差分バックアップは「ある時点を基準にして、それ以降の変更分をバックアップする」バックアップのやり方です。

増分バックアップ6

詳細は「差分バックアップ」の説明をご覧ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「増分バックアップ」って単語が出てきたら「まだバックアップしていないファイルをバックアップするんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク