[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

結合

pointこの用語のポイント

point合体させることだよ

pointデータベース関連では、複数のテーブルのデータをまとめて1つにすることだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

結合とは

ガション!と合体させること。
データベース関連で言えば

複数のテーブルのデータをまとめて1つのデータにすること
です。

image piyo

詳しく書くよ

2つ以上のものをガション!とくっつけて合体させるのが「結合」です。

えっ?知ってる?
それは失礼いたしました。

結合

IT関係では「結合」という用語はデータベース関連のお話でよく出てきます。
データベース関連で「結合」と言った場合、それは「複数のテーブルデータを合体させて1つにすること」を意味します。
テーブルは「実際にデータを入れておく箱そのもの」ね。

例えば、以下の2つのテーブルがあったとしましょう。

■1つ目のテーブル

名前性別
ピヨ太
ピヨ子
ピヨ太ママ


■2つ目のテーブル
名前年齢
ピヨ太成人済み
ピヨ子永遠の17歳
ピヨ太ママピヨ太ママ心は乙女


1つ目のテーブル(テーブル1)には「名前」と「性別」があります。
2つ目のテーブル(テーブル2)には「名前」と「年齢」があります。

「名前」に注目すると、何となく合体できそうな気がしませんか?

実際問題、合体できます。

例えば、以下のような1つのテーブルにまとめることが可能です。

■合体後のテーブル
名前性別年齢
ピヨ太成人済み
ピヨ子永遠の17歳
ピヨ太ママ心は乙女


おやおや?
年齢と性別、2つに分かれていたテーブルのデータが合体して1つのデータになりましたね?

これがデータベース関連で出てくる「結合」です。
関連性のあるデータ同士をくっつけて、まとめることを指します。

横文字で「JOIN(ジョイン)」と呼ばれることも多いですけどね。
データベース関連の話では「結合=JOIN」と考えて構いません。
同じことを指しています。

あと余談ですが、データベース関連の結合には「内部結合」と「外部結合」があります。
余裕がある人は、そちらも押さえておいてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「結合」って単語が出てきたら「合体させるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク