[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

コマンドライン引数 (command line arguments)

pointこの用語のポイント

point引数だよ

pointコマンドラインからプログラムを起動するときに登場するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

コマンドライン引数 (command line arguments)とは

キーボードだけで操作する画面からプログラムを起動するときに、そのプログラムに渡す値のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

文字通り「コマンドライン」からの「引数」で「コマンドライン引数」です。
「コマンドライン」は、ちょっと違うけど「キーボードだけで操作する画面」ね。
「引数」は「プログラム関数に渡す値」です。

実はプログラムというのはコマンドラインから起動できます。と言っても「何のこっちゃいな?」ですね。
例えば「ピヨピヨ28号」という名前のプログラムがあったとします。

そしてコマンドライン(キーボードだけで操作する画面)で

動け!ピヨピヨ28号

入力することでピヨピヨ28号を起動することができます。

話はここで終わりません。

実はピヨピヨ28号には素晴らしい機能が付いているのです。
それは起動するときに追加の指示を与えることでパシらせることができるのです。
例えばそうですね。

動け!ピヨピヨ28号 パン 買ってこい

と入力します。
そうするとピヨピヨ28号はパンを買ってきてくれます。

あらまぁ、便利ですこと。

コマンドライン引数

このときの「パン」「買ってこい」がコマンドライン引数です。
プログラムを起動するときにプログラムに渡している値ですよね?

何故わざわざ「コマンドライン」という単語がくっついているかですが、ただ「引数」と言った場合は「プログラムや関数」に渡す値を指します。
そうです。関数に渡す値も引数なのです。
「『コマンドライン』引数」と言った場合は「プログラム」に渡す値だと解釈してください。

ちなみにプログラミング関連の資料では、コマンドライン引数のことを「main関数に渡す引数」と説明している場合もあります。
その説明も間違いではありません。
プログラムを起動すると、一番最初に動く関数がmain関数です。
コマンドライン引数はプログラムが動き出すときにプログラムに渡され、そのプログラムの中のmain関数に渡されるのです。
食べ物を「人の身体に入る物体」と表現するか「胃に入る物体」と表現するかの違いですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「コマンドライン引数」って単語が出てきたら「プログラムに渡す引数なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク