[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

RSSフィード

pointこの用語のポイント

pointファイルだよ

pointホームページやブログの更新案内だよ

pointRSS形式だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

RSSフィードとは

RSSと呼ばれる形式のデータになっている、ホームページやブログの「更新案内」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

へい、らっしゃいらっしゃい。今日はサンマが安いよ~。あの有名お菓子ピヨコの森とピヨピヨの里も大量入荷したよ~。のホームページ版が「RSSフィード」です。

ごめんなさい。
もうちょっと真面目に書きますね。

RSS」は「ホームページやブログの『目次』や『更新案内』の役割をするXML形式の書式」です。
よく分からなければ「ホームページの更新案内をしたいときは、皆この形にしようぜー。足並み揃えておけばいろいろ便利だろー」な決まり事だとお考えください。

この決まり事に沿って作られたホームページやブロブの更新案内を「RSSフィード」と言います。

RSSフィード

RSSフィードは一般的に「RSSリーダー」と呼ばれるプログラムに読み込まれて活用されます。
「RSSリーダー」は「RSSファイルを読み込んで見やすい形に整えてくれるソフトウェア」ね。

ちなみにRSSフィードと似たような言葉で「RSSファイル」というのもあります。
「RSSフィードと何が違うの?」と思うかもしれませんが、同じだと思って構いません。
同じ物を指して「RSSフィード」と言ったり「RSSファイル」と言ったりします。
個人的な主観では「案内だよ!」というのを強調したいときは「RSSフィード」、「ファイルだよ!」というのを強調したいときは「RSSファイル」と言うことが多い気がしますけどね。

なんかいろいろあるのでまとめると

「RSS」が更新案内の「形式」
「RSSフィード」が「更新案内」
「RSSファイル」が更新案内の「ファイル」
「RSSリーダー」が更新案内を読むための「ソフト」

となります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「RSSフィード」って単語が出てきたら「ホームページの更新案内なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク