[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

音声ブラウザ

pointこの用語のポイント

point目が不自由な人のためのソフトだよ

pointホームページの内容を音声で読み上げてくれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

音声ブラウザとは

ウェブブラウザ専用のスクリーンリーダーのこと。
もう少し噛み砕いて書くと

ホームページの表示内容を音声で読み上げてくれるソフトウェアのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「Webブラウザ」と「スクリーンリーダー」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

Webブラウザは「ホームページを見るときに使うソフト」です。
Internet ExplorerIE)とか、Firefoxとか、Google Chromeとかのことです。

音声ブラウザ

スクリーンリーダーは「画面を読み上げてくれるソフト」です。
画面に表示されている内容や、操作した内容を読み上げてくれます。

音声ブラウザ2

以上を踏まえて、Webブラウザとスクリーンリーダーが合体したもの、つまり「ホームページの表示内容を読み上げてくれるソフト」が「音声ブラウザ」です。

音声ブラウザ3

音声ブラウザさんは(恐らく)ホームページのHTMLタグを解析して、ぺちゃくちゃ喋ってくれます。
そのため、ホームページの元々の作り方がおかしいと、あまり役に立ちません。

また、載せる文章の言い回しにも配慮されている必要があります。
例えば「1/5」を「ごぶんのいち」と読んだりするソフトもあります。
音声ブラウザを考慮する場合、日付は「1月5日」と書いてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「音声ブラウザ」って単語が出てきたら「ホームページを読み上げてくれるソフトなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク