[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ライセンス (license)

pointこの用語のポイント

point権利だよ

pointどこまでやって良いか、どこまで使って良いかに関する取り決めだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ライセンス (license)とは

「そのソフト、使っていーよ」な権利のこと。
もしくは

「どこまでやっていーよ」な権利のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

前者は「ユーザライセンス」や「ボリュームライセンス」のような使われ方をします。

例えばあなたがお金を払って市販のソフトを買ったとします。
その場合、実際にあなたがお金を払って買ったのは「ソフトそのもの」ではなくて「ソフトを使う権利」なのです。

ウィルスセキュリティソフトを考えると分かりやすいかもしれません。
あれって何年か毎にお金を取られますよね?
お金を払わないと途中から使えなくなります。
それは「ウィルスセキュリティソフトを買った」と言いつつ、実際には「ウィルスセキュリティソフト+ウィルス情報をゲットする権利」を買っているからなのです。

セキュリティソフトさんは元締めから最新のウィルス定義ファイルを定期的に取得します。
そうしないと新しいウイルスさんが出てきたときに分からないですから。
あなたがお金を払っている限りは定期的に新しいウィルス情報が入るので、セキュリティソフトさんはどいつが悪者かを判断して大活躍してくれます。

ところがどっこい、あなたがお金を払わないと新しいウィルス情報が手に入りません。
そうするとセキュリティソフトさんは新しいウィルスが分からないので、そいつをやっつける……以前に、悪者だと判断することができなくなるのです。
そしたらもう、そのウィルスソフトさんは役立たずですね。
その状態のセキュリティソフトさんを「有効期限切れのセキュリティソフト」と呼びます。

って、話が逸れちゃいました。

要はセキュリティソフトを買ったと言いつつ、セキュリティソフトを使う権利とウィルス情報を更新する権利を買っているのです。
そのあなたが買った「権利」のことを「ライセンス」と呼びます。
基本、ソフトウェアの世界では実際の物質ではなく権利を売買していると思ってください。

ちなみに後者のライセンスの意味も前者とほぼ同じなのですが、「どこまでやって良いの?」を規定したものになります。

例えば「商用OK」「個人的に遊ぶ分にはOK」「何してもOK」等ですね。
「このソフトのライセンス何?」は「このソフトってどんな使い方して良いの?」と同じ意味です。
「どんな使い方」には人数や期間、改造の可否等も含まれますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ライセンス」って単語が出てきたら「『使っていーよ』な権利、もしくは『ここまでやっていーよ』な権利のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク