[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ライセンス (license)

pointこの用語のポイント

point権利だよ

pointどこまでやって良いか、どこまで使って良いかに関する取り決めだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ライセンス (license)とは

「そのソフト、使っていーよ」な権利のこと。
もしくは

「どこまで、やっていーよ」な権利のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

「そのソフト、使っていーよ」な権利が「ライセンス」です。
「ユーザライセンス」や「ボリュームライセンス」のような形で、よく登場します。

ライセンス

例えば、あなたがお金を払って市販のソフトを買ったとしましょう。
実際に、あなたがお金を払って買ったのは「ソフトそのもの」では、ありません。
「ソフトを使う権利」です。
この「ソフトを使う権利」がライセンスです。

ライセンス2

ウィルスセキュリティソフトを考えると分かりやすいかもしれませんね。

ウィルスセキュリティソフトを使っていると、何年かに1回「お金を払え」と言われます。
その理由は「ウィルスセキュリティソフトを買った」と言いつつ、実際には「ウィルスセキュリティソフトを使う権利とウイルスの情報をゲットする権利」を買っているからです。

ウィルスセキュリティソフトさんは元締めから最新のウィルス定義ファイルを定期的に取得します。
ウィルス定義ファイルには「こんなやつがコンピュータウイルスだよ」な情報が書いてあります。
ウィルスセキュリティソフトさんは、ウィルス定義ファイルと調べる対象のファイルを見比べて「あっ!こいつはウィルスだな!」や「おっ、こいつはウィルスじゃないな」を判断します。

ライセンス3

あなたがお金を払っているかぎり、定期的にウィルス定義ファイルが送られてきます。
新しいウィルスの情報が入るので、ウィルスセキュリティソフトさんは、どいつが悪者かを判断して大活躍してくれます。

あなたがお金を払わないと新しいウィルスの情報が手に入りません。
そうすると、ウィルスセキュリティソフトさんは新しいウィルスが分かりません。
そいつをやっつける……以前に、悪者だと判断できなくなります。

ウイルスを見つけられないウィルスセキュリティソフトさんなんて役立たずですよね。
このような役立たず状態のウィルスセキュリティソフトさんを「有効期限切れのセキュリティソフト」や「ライセンス切れのセキュリティソフト」と呼びます。

ウィルスセキュリティソフトにおいては、お金を払うことで

1.ウィルスセキュリティソフトを使って良いよ
2.最新のウィルスの情報を定期的に送ってあげるよ


の権利を買っています。
この「権利」が「ライセンス」です。

基本、ソフトウェアの世界では実際の物質ではなく権利(ライセンス)を売買していると思ってください。

以上が「そのソフト、使っていーよ」な権利を指すライセンスの説明です。

ちょっと休憩

あとは「どこまで、やっていーよ」な権利を指して「ライセンス」と呼んだりもします。

・商用で使ってOK
・個人的に遊ぶ分にはOK、商用はNG
・何してもOK


などの「これは、やって良いよ。これは、やっちゃダメだよ」な規定です。

例えば、ぴよぴよライセンスがあったとしましょう。
ぴよぴよライセンスは「改造するのは自由にして良いけど、それを人にあげちゃ駄目だよ」なライセンスです。

ライセンス4

ピヨ太君は、このぴよぴよライセンスが付いた「ぴよぴよソフト」を手に入れました。

ライセンス5

ぴよぴよライセンスは「改造するのは自由にして良い」ライセンスです。
ピヨ太君はぴよぴよソフトを改造して「スーパーぴよぴよソフト」を作りました。

ライセンス6

出来あがったスーパーぴよぴよソフトは中々の自信作です。
ピヨ子さんにも使わせてあげましょう。

ライセンス7

はい!ダメ!
ぴよぴよライセンスは「人にあげちゃ駄目だよ」なライセンスです。
ですから、ピヨ太君はスーパーぴよぴよソフトをピヨ子さんに上げることはできません。

ライセンス8

このような「何はして良いけど、何はしちゃ駄目だよ」言い方を変えると「どこまでやっていーよ」を規定したお約束事(ルール)が、ライセンスです。

ソフトウェアのライセンスの場合、例えば

・使って良いか
コピーして良いか
・改造して良いか
再配布して良いか
・販売して良いか
・著作権表示を削除して良いか


のような項目に対して、それぞれ「いーよ」「ダメだよ」が決められています。

いずれにせよ「権利」ですけどね。
前後の文脈によって「使って、いーよ」を意図しているのか「ここまで、やっていーよ」を意図しているのかが変わります。
一応、頭の片隅にでも置いておいてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ライセンス」って単語が出てきたら「『使って、いーよ』な権利、もしくは『ここまで、やっていーよ』な権利のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク