[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

標準エラー出力

pointこの用語のポイント

point画面への出力だよ

point「特に指定をしていないときは、エラー関係はここに出力するよ!」なデータの通り道だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

標準エラー出力とは

画面への出力のこと。
もう少しきちんと書くと

特になんにも指定されていない場合は、エラー関係はここに出力されるよ~な通り道のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

プログラムUNIXOSのお話ですが、ここではプログラムを例に挙げますね。

実はですね。
プログラムさんは一見すると健康体ですが、実はかなりの重病人なのです。
ベッドの上から動いちゃ駄目、絶対安静状態です。

そしてプログラムさんには、いろいろな不便が出ないようにするために、目には見えない3本の管がつなげられています。

1本目の管はプログラムさんに何かを入れてあげるときに使う管です。
お水とか食料はその管から流し込んであげます。

2本目の管はプログラムさんから普通に出てくるものが通る管です。
きれいなお話ではありませんが、う○ちとかお○っこが通ります。

3本目の管はプログラムさんから普通は出てこないものが通る管です。
吐血した血とか嘔吐したもんじゃ焼きとかが通ります。

このプログラムさんにつながっている3本の管のうち、3本目の管が「標準エラー出力」です。
プログラムさんから普通ではないときに出ていくもの(エラー)が通る管です。

標準エラー出力

余談ですが1本目、2本目の管は「標準入力」「標準出力」と呼ばれます。

標準エラー出力の管は普通、画面、つまりはディスプレイにつながっています。つまりは標準出力と同じです。
これが標準出力と標準エラー出力の違いを分かりにくくさせている原因でしょう。

標準出力と標準エラー出力は何が違うのか?

単純に使っている管が違います。

この管の先が普通はどちらもディスプレイにつながっています。
そのため違いがないように感じるのでしょう。

標準エラー出力2

ですが、その気になれば管の先につながっているものを変えることも可能なのです。

標準エラー出力3

例えば標準出力は画面に、標準エラー出力はファイルに出力するようにすれば、普通の内容とエラーの内容が分かれて便利ですよね?
普通の出力とエラーの出力を分けて管理できるように、出力用の管が2本用意されているのです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「標準エラー出力」って単語が出てきたら「エラーを出力するところなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク