[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ユーザーエクスペリエンス (UX)

pointこの用語のポイント

point使った人が得られる「体験」だよ

point「使う→何かが起きる→何かを感じる」をふんわりと表現したものだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ユーザーエクスペリエンス (UX)とは

某奇妙な冒険のマンガに出てくるスタンドの名前(大嘘)。
本当は

サービスや商品を使ってみて、使った人が得られる経験や感じる感想などのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

別に大したことを言っているわけでもないのに、なんかカッコつけた言葉ですね。

使いました。

何か起こりました。

何か感じました。

それらをまとめてふんわりと表現したのが「ユーザーエクスペリエンス」です。
日本語に直訳すると「利用者の体験」ですね。

ユーザーエクスペリエンス

ユーザーエクスペリエンスは「UX」と省略して表現されることが多いようです。
恐らく「UIユーザインターフェイス)」と対比させたいのでしょう。

ちなみにここでいう「UI」は「使い勝手」の意味ね。「どれだけ楽に便利に使えたか」です。
例えば「UIについて考える」と言った場合は「どうすれば楽に便利に使えるかを考える」の意味になります。
コンビニで売っているおにぎりを例に取れば、どうすれば開けやすいか、手が汚れないで食べられるか、持ち運びに邪魔にならないか、等ですね。

それに対してUXは「使ったことで何をどれだけ得られたか」を指す言葉です。
「UXについて考える」と言った場合は「それによって何をどれだけ得られるかを考える」の意味になります。
コンビニおにぎりで言えば、どれだけお腹が膨れたか、どれだけ美味しいと感じたか、どれだけ幸せになれたのか、等ですね。

ちょっと小難しい言い方をすると、UIが「過程」や「手段」に対するアプローチでUXが「目的」や「結果」に対するアプローチです。
私がピヨピヨ肉まんを食べようとしたとして「どうやって食べる」がUIで「食べたらどーなった」がUXですよ。

とは言え、人によって微妙に違うニュアンスで使われていたりもしますけどね。
よく分からなければ「使った人の満足感」と訳してしまっても構わないと思います。
どうせユーザーエクスペリエンスは「向上させましょう」なものですからね。
ユーザーエクスペリエンスの向上=使った人が満足する、成長する、幸せになる、ですよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ユーザーエクスペリエンス」って単語が出てきたら「使った人が得られる『体験』のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク