[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

バグ曲線

pointこの用語のポイント

pointバグの数をグラフにまとめたものだよ

point理屈上は「こうなるはず」な形があるよ

point理論値から大きく逸脱していると問題になるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

バグ曲線とは

時間経過や試験項目の消化に伴うバグ(プログラムのおかしいところ)の発生件数をグラフにまとめたもの。
あるいは

時間経過や試験項目の消化に伴うバグの発生件数をまとめたグラフに引いたバグ総数の推移を何となく表現した線のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「バグ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

バグは「プログラムのおかしいところ」です。
バグがあると、プログラムは期待した通りの動きをしてくれません。
変な動きをしたり、作ったデータの中身が変だったり、途中で処理を止めたりします。
バグの程度にもよりますが、バグがあるプログラムさんはラリラリです。

バグ曲線

とはいえ、プログラムを作った直後は、バグがあるのが普通です。
いろいろなテストをすることによって、バグを見つけて、修正していきます。

以上を踏まえて、読み進めてください。

まず、横軸に日付や時間、あるいはテスト項目の消化件数を取ります。
今回はテスト項目の消化率にしましょうか。
最初はテスト項目の消化率が0%です。
最後にはテスト項目の消化率が100%になります。

バグ曲線2

次に縦軸に累積のバグ発生件数を取ります。
その時点までに見つかったバグの総数です。

バグ曲線3

このグラフ上に、時間経過に伴うバグの発生件数をプロットしていきます。
例えば「テスト消化率が10%時点のバグの件数は10件」であれば、横軸「10%」と縦軸「10件」の交わるところに点を打ちます。

バグ曲線4

すべての点を打ち終わったら、何となく点同士を線で結びます。
すべての点を通るように線を引く必要はありません。
アバウトでOKです。
点の推移を何となく線で表現するのが目的です。

バグ曲線5

このようにして作成したグラフが「バグ曲線」です。

バグ曲線6

あるいは、このグラフに引いたバグ総数の推移を表す線がバグ曲線です。

バグ曲線7

バグ曲線には、ある程度「こうなるはず」な目安があります。

まず、テストの最初の方はバグがあまり出ません。
本当の意味で基本的な部分のテストを行うからです。

バグ曲線8

テストが本格的になるに従い、バグの件数は増えます。
ガツガツとテストをやることによって、バグがガンガン見つかります。

バグ曲線9

テストが終盤になると、バグの件数はあまり増えなくなります。
ガッツリとテストをやったことによって、ほとんどのバグが見つかったからです。
というか、バグの件数が増え続けているのであれば、テストを終わりにしてはいけません。
バグが見つからなくなるまでテストを続ける必要があります。

バグ曲線10

このような

1.最初は、ほとんどバグが出ない
2.テストが進むにつれてバグの件数がガッツリと増える
3.テスト終盤は、ほとんどバグが出ない


となるのが理想的なバグ曲線です。

バグ曲線は、本来「おっ、バグが出なくなってきたからテストは順調だね」と判断したり「グラフの線が横ばいになったから品質は大丈夫だよね」と判断するために作ります。

実際には違いますけどね。
理想と現実は違うのです。

現実は、偉い人を満足させるためか、納品物になっているから仕方なく作ります。
そして、できるかぎり理想的な線になるように、あれやこれやの工夫をします。

なぜなら、線の形が理想と離れていると、テストのやり方がマズいと判断されるからです。

例えば、スーパーエンジニアのピヨ太君が天才的な手腕をもって、完璧なプログラムを作ったとしましょう。
かなりの意地悪テストもやりましたが、バグは、たったの1件しか見つかりませんでした。

バグ曲線11

さすがはピヨ太君です。
素晴らしい!
ピヨ太君は、お客さまから過分なお褒めの言葉をいただきました。

バグ曲線12

……となっても良いと思うのですが、現実は違います。

バグ曲線13

「バグが見つからないのは、おまえのテストのやり方が悪いからだ。きちんと項目を網羅して、しっかりとしたテストをやれ!」と怒られるのです。

バグ曲線14

ということで、ベテランになればなるほど、実態に即した結果を出すよりも理想に近い綺麗な線を引けるように頑張ります。
ぶっちゃけ、その方が波風が立たなくて済m……ごほごほ(-q-)

バグ曲線15

実際の仕事では、一部の機能ができあがっていないのに、できあがっている部分だけテストを進めることもあります。
テストをしている最中に仕様変更が入って、テストと並行してプログラムに手を入れる羽目になることもあります。
予定した工程が予定通りに進むことは多くありません。

そんな状況で理想的なバグ曲線を引けたら、そっちの方がおかしいでしょうよ。
……と個人的には思うのですが、理想的なバグ曲線を引いた方が平和に終わります。

ということで、個人的には「お仕事をやった感」を出すために作る資料だと思っています。
実態に即した資料を作ると怒られるけど理想的に線を引くと何の意味もない、なかなか悩ましいやつです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「バグ曲線」って単語が出てきたら「テスト消化に対するバグ発生件数の推移をグラフ化したものなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク