[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

cal【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointUNIX系で使えるコマンドだよ

pointカレンダーを表示するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

cal【コマンド】とは

カレンダーを表示するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

UNIX系(LinuxとかMacとか)で使えます。

書き方は

cal [オプション]

です。
オプションは少しだけあります。

オプション説明
-1今月分のカレンダーを表示する
-3先月から来月までの三か月分のカレンダーを表示する
-s日曜始まりでカレンダーを表示する
-m月曜始まりでカレンダーを表示する
-j一月一日からの経過日数で表示する
-y今年のカレンダーを一年分表示する

などですね。

「cal」コマンドコマンドライン上からカレンダーを表示する際に使います。

一番単純な使い方は

cal

でしょう。
これで

   December 2013
Su Mo Tu We Th Fr Sa
 1 2 3 4 5 6 7
 8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


のように当月分のカレンダーが表示されます。
任意の年月のカレンダーを表示したい場合は

cal 12 2013

のように月、年の順で指定すれば指定年月のカレンダーが表示されますよ。

複数月表示したい場合や見た目を調整したい場合はオプションを指定してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「cal」ってコマンドが出てきたら「カレンダーを表示するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク