[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

リレーション (relation)

pointこの用語のポイント

point関係性だよ

pointE-R図で出てくる線だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

リレーション (relation)とは

「リレーションシップ」のこと。
つまり

アレとコレの「関係性」のこと
です。

E-R図で出てくる線のこと
とも言えます。

image piyo

詳しく書くよ

リレーションシップは「アレとコレの関係性」ね。
この「リレーションシップ」を省略した表現が「リレーション」です。

もちろん「リレーション」だけでも立派な英単語ですけどね。
IT関連では大体「リレーションシップ」を指して「リレーション」と言っています。

「リレーション(リレーションシップ)」という用語が出てくるのは、E-R図の話かデータベース関連の話が多いでしょう。

E-R図は「箱と線で関係性を表現した図」です。

リレーション

このE-R図で出てくる「線」のことを「リレーションシップ」と言います。
リレーションシップは箱同士の関係性を表現しています。

リレーション2

E-R図の場合は「リレーションシップ」と表現することが多いですけどね。
もしかしたら「リレーション」と表現する人もいるかもしれません。

データベース関連で出てくる「リレーション」も考え方は同じです。

E-R図における箱がテーブル(実際にデータを入れておく箱)だと解釈します。

リレーション3

テーブル同士を結ぶ線はテーブルとテーブルの関連性を表現しています。
この「テーブルとテーブルの関連性」が「リレーション(リレーションシップ)」です。

リレーション4

データベース関連では「リレーション」と省略することが多いと思います。

もしかしたら、他の分野でも「リレーション」という用語が出てくるかもしれませんが、考え方は同じです。
「リレーション」と出てきたら「関係性」と読み替えてください。
それで何となくの意味はつかめるはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「リレーション」って単語が出てきたら「関係性なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク