[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

エンティティ (entity)

pointこの用語のポイント

point「実体」だよ

pointE-R図で出てくる箱だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

エンティティ (entity)とは

「実体」のこと。
ちょっとズルい書き方をすると

E-R図で出てくる箱のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

「だから『実体』ってなんだよ!」と思うかもしれませんが、突っ込んではいけません。
私も上手く説明できません。
というか、世の中の大半の人が上手く説明できないと思います。
イメージでは何となく分かるのですけどね。

とにかく「実体」と呼ばれる何かが「エンティティ」です。
考えるのではありません。
感じてください。

「エンティティって何?」と訊かれたら「それは『実体』さ(--)☆」とキリっとした感じで答えてください。
「じゃあ『実体』って何?」と訊かれたら「それくらい自分で調べろ!」とキレ気味に言ってください。
それで解決するはずです。

エンティティ

「エンティティ」という言葉はE-R図を書くときによく出てきます。
E-R図は「箱と線で関係性を表現した図」です。

エンティティ2

このE-R図で出てくる「箱」のことを「エンティティ」と言います。

エンティティ3

「エンティティ」という単語が出てくるのはデータベース関連かJavaくらいですけどね。
JavaのエンティティはEJBに関するお話かどうかで意味(言った人の意図)が変わってくるので、別のところで勉強してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「エンティティ」って単語が出てきたら「実体なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク