[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

C10K問題

pointこの用語のポイント

point「クライアント1万台問題」の略だよ

pointクライアントの数が想定より多過ぎだよ

pointサーバがパンクしちゃいそうだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

C10K問題とは

「やべっ、こんなにお客さまが来るなんて想像してなかったんだけど、どーすんべ」問題のこと。
もう少し真面目に書くと

問題らしい問題は起きていないんだけど、クライアントの数が想定より多過ぎてサーバがパンクしちゃうよ~問題のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

「クライアント1万台問題」の略で「C10K問題」です。クライアント数があまりにも多過ぎてサーバがパンクしちゃう問題を「C10K問題」と言います。
ちなみに「クライアント」が「サービスや機能を使う側のコンピュータさん」で「サーバ」が「サービスや機能を提供する側のコンピュータさん」ね。

C10K問題

急に大人気になった定食屋さんを考えると分かりやすいと思います。
10席くらいしかないお店に100人以上が押しかけたら、大変なことになっちゃいますよね。
店員さんに落ち度が無くても、美味しいご飯をゆっくり食べて帰ることは難しいでしょう。
それと同じことです。

C10K問題2

問題の可能性自体は昔からあったけど、最近の技術の発達で発生しやすくなった問題ということですかね。
何故「1万台」かと言うと、目安としてクライアントが1万台前後になると性能が落ちてくるから、らしいです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「C10K問題」って単語が出てきたら「繁盛し過ぎです問題なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク