[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ユーザアカウント制御 (UAC)

pointこの用語のポイント

point「管理者になる?」って聞いてくる機能だよ

point一般人状態から管理者状態になるときに使うよ

pointWindows Vista以降のWindowsについている機能だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ユーザアカウント制御 (UAC)とは

Windows Vista以降に登場した「管理者に変身する?」って聞いてくる機能のこと。
もう少し具体的に書くと

Windows Vista以降に登場した機能のひとつで「管理者になれるよユーザ」が一般人状態から管理者状態に変身するための機能
です。

image piyo

詳しく書くよ

Windows Vista以降のWindowsについている機能のひとつで、管理者としての権限が必要な何かをしようとしたときに「ねぇねぇ、管理者に変身する?」と聞いてくる機能が「ユーザアカウント制御」です。

ユーザアカウント制御(UAC)

User Account Control(ユーザ・アカウント・コントロール)」を省略して「UAC」と表現される場合もあります。
以下のような見た目の小さい画面(ダイアログ)です。

ユーザアカウント制御(UAC)2

実はWindows Vista以降、管理者ユーザは、いなくなりました。

……と書くと誤解を招きそうですね。
管理者ユーザは

管理者になれるよユーザ

に変わったのです。

「管理者になれるよユーザ」は、普段は一般人です。
普通のユーザとして活動します。

ユーザアカウント制御(UAC)3

ただし、コンピュータの操作の中には管理者ユーザしかできない操作があります。
それらの操作は、普通のユーザではやれません。

ユーザアカウント制御(UAC)4

そんなときは管理者ユーザに変身してからやります。
管理者としての権限が必要な操作をするとき、一般人として活動している「管理者になれるよユーザ」は管理者ユーザに変身するのです。

ユーザアカウント制御(UAC)5

とはいえ、自己申告制ではありません。
コンピュータさんの方から「管理者に変身する?」と聞いてくれます。

ユーザアカウント制御(UAC)6

この「管理者に変身する?」と聞いてくれる機能がユーザアカウント制御(UAC)です。
一般人として活動している「管理者になれるよユーザ」に「あ~、これは管理者しかできないんだよね。管理者に変身する?」と聞いてくれる機能です。

ユーザアカウント制御(UAC)は、セキュリティ強化のために追加された機能です。

大雑把に分類すると、コンピュータの操作は

1.一般人でもできる操作
2.管理者しかできない操作


に分けられます。

管理者状態(何でもできるぜ状態)は諸刃の剣です。
「何でもできるぜ!やったー!」でもありますし「何でもできちゃうんだよな……うっかり変なことをしないように気を付けないと……」でもあります。

そこで、Windowsを作った人たちは「どうしても管理者として何かやらなければいけないときだけ管理者状態になれば良いんじゃないかな」と考えました。
たとえ管理者ユーザでも

1.一般人でもできる操作

をやるときは一般人状態で良いじゃん!と考えたのです……多分。

ということで、Windows Vista以降では

2.管理者しかできない操作

をやるときだけ管理者状態になります。

この管理者状態になるための機能、一般人状態の「管理者になれるよユーザ」が管理者状態に変身するための機能がユーザアカウント制御(UAC)です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ユーザアカウント制御(UAC)」って単語が出てきたら「『管理者に変身する?』って聞いてくる機能なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク