[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

FTPアカウント

pointこの用語のポイント

point「FTPで接続してきて良いよ」な権限だよ

pointIDとパスワードの組み合わせで管理する場合が多いよ

pointFTPの接続情報を意図して言う人もいるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

FTPアカウントとは

「FTPで接続してきて良いよ権限」のこと。
あるいは

FTPで接続する際に必要な情報のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「FTP」について、あれやこれやを説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

FTPは「インターネットの線を使ってファイル送受信する仕組み(のひとつ)」です。
ネットワーク経由でファイルを送受信する際のメジャーなやり方です。

もう少し正確に書くと、ファイルを送受信する際の決まりごとですけどね。
そこら辺は、ゆるく捉えてください。
「ファイルを受け渡しするときに使うんだなー」程度の理解でも構いません。

FTPアカウント

FTPでやり取りする際に「ねーねー。FTPでやり取りしようぜー」と提案する側のコンピュータやソフトは「FTPクライアント」と言います。
いわゆる「FTPで接続する方」です。

FTPアカウント2

それに対して「仕方ないなー。相手をしてやるか」と受け入れる側のコンピュータは「FTPサーバ」と言います。
こちらは「FTPで接続される方」です。
「FTPの接続先」と表現しても良いでしょうね。

FTPアカウント3

FTPサーバさんは、普段、FTPクライアントからの「FTPでやり取りしようぜー」な提案を、ぼーっと待っています。

FTPアカウント4

おっと、誰かが「やり取りしようぜー」と言ってきました。

FTPアカウント5

このとき、FTPサーバさんは誰彼かまわず相手をしてやるわけでは、ありません。
事前に作った「こいつの相手はするよ」リストを見て、そのリストに載っている人だけ相手をします。

そこで、FTPサーバさんは「やり取りしようぜー」と言ってきた相手が「こいつの相手はするよ」リストに載っているか確認することにしました。
FTPサーバさんは「やり取りしようぜー」と言ってきた相手に対して「おまえは誰?」と聞きます。

FTPアカウント6

相手は「ピヨ太です」と名乗りました。

FTPアカウント7

この「ピヨ太」という名前が「こいつの相手はするよ」リストに載っていれば、FTPサーバさんは相手をしてあげます。

FTPアカウント8

リストに載っていなければ、相手をしてあげません。
「おまえの相手をしている暇はない!」と追い返します。

FTPアカウント9

つまり「FTPで接続してきて良いよ~」な権限を持っているコンピュータのみ、FTPサーバさんは相手をするわけです。

以上を踏まえて「FTPで接続してきて良いよ~」な権限が「FTPアカウント(エフティーピーアカウント)」です。
アカウントは「やって良いよ権限」ね。

……というのがFTPアカウントの本来の意味ですが、実際には

1.FTPで接続するための情報全部
  ※ユーザ名、パスワードホスト名など
2.FTPで接続する際のユーザ名とパスワードの組み合わせ
3.FTPで接続する際のユーザ名


のどれかを指して「FTPアカウント」と呼ぶ場合もあります。

先ほどの例で、FTPサーバさんは「やり取りしようぜー」と言ってきた相手に対して「おまえは誰?」と聞きました。

FTPアカウント10

「おまえは誰?」の確認は、ユーザ名(ID)とパスワードを使って行うのが一般的です。
名乗ったユーザ名とパスワードが「こいつの相手はするよ」リストに載っていれば、相手をしてあげます。

この確認で使うユーザ名とパスワードを指して「FTPアカウント」と表現する人もいます。
例えば「接続するためのFTPアカウントを教えてください」のような言い方です。

FTPアカウント11

こだわる人は「FTPアカウント」と言わずに「FTPアカウント情報」や「FTP接続に必要な情報」のような言い方をしますけどね。

「FTPアカウントが知りたいです!」と言われたら「FTPで接続するために必要な情報が知りたいんだなー」と解釈してください。
その方が、実情に即していると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「FTPアカウント」って単語が出てきたら「FTPで接続してきて良いよ権限、もしくは、FTP接続情報のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク