[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

キャリッジリターン (CR)

pointこの用語のポイント

point改行コードだよ

point本当は改行の指示じゃなくて「カーソルを先頭に戻しなさい」の指示だよ

point主に、昔のMacで使われていたよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

キャリッジリターン (CR)とは

昔のMacで使われていた改行コードのこと。
もう少しざっくり書くと

「おら~、改行しやがれ~!」な指示を出す制御文字の一つ。
でも本当は

「先頭にカーソルを戻してちょ!」な指示を出す制御文字
です。

image piyo

詳しく書くよ

さぁ本日もやってまいりました。大嘘ばかりの用語解説です。
キャリッジリターンは「改行しなさい」を示す制御文字、つまりは改行コード……では、ありません。
小難しい言い方をすると「行頭復帰」と呼ばれる動きをします。
これは何かと言うと「カーソルを先頭に戻しなさい」な指示なのですね。
ですから本来「改行しなさい」な指示ではありません。
「カーソルを先頭に戻しなさい」が「キャリッジリターン(CR)」です。

キャリッジリターン

とは言え、ただ先頭に戻っただけでは同じ行に対してまたべちべち書き出して文字が重なっちゃいますからね。
改行を意味する「LF」と組み合わせて使う、もしくは勝手に改行もしてくれるのが普通です。
Mac OS 9までのMacではこの「CR」が改行コードとして使われていました。
文字入力中にべちっ!と改行すると、見えないところでCRが設定されます。
最近のMacは違いますけどね。

またプログラミングをしていると文字列出力するときがあると思います。
その出力する文字列にCRを含める場合は「\r」と書くのが一般的です。
ソースコードを見ていて「\r」と出てきたら、CRのことだとお考えください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「キャリッジリターン」って単語が出てきたら「改行されるなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク