[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

データベースエンジン (database engine)

pointこの用語のポイント

pointデータベースを操作する際の基礎となる部品だよ

pointデータを追加・更新・削除・検索するときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

データベースエンジン (database engine)とは

データベースに対してデータを入れたり出したりするときに使う部品のこと。
言い方を変えると

データベースを操作する際の基礎となる部品のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

データベースは「データを入れておく箱」ね。
突っ込んで考えると混乱するかもしれません。
何となくのフィーリングで理解してください。

データベースエンジン

このデータベースに対してデータを追加・更新・削除・検索するときに使う基本的な部品が「データベースエンジン」です。
データベース内のデータとプログラムの仲を取り持ってくれるやつですね。

データベースがあなたの預金口座だとしたら、データベースエンジンはATMだったり窓口のおねーさんだったりです。

データベース自体は単なる箱ですからね。
その箱にデータを入れたり、もしくは取り出す役割のやつもいるのです。
そいつがデータベースエンジンさん。

また「エンジン」と聞くとブルンブルンな自動車のエンジンを思い浮かべると思いますが、そのイメージでも構いません。
エンジンが無いと自動車は走らないですよね?
同じようにデータベースエンジンが無いとデータベースも動かない(使えない)のです。
とてもとても大事なやつですよ。

データベースエンジン2

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「データベースエンジン」って単語が出てきたら「データベースで必要なやつなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク