[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ユーザアカウント (user account)

pointこの用語のポイント

point「使って良いよ」な権限だよ

point利用者名簿に載っている名前みたいなものだよ

pointIDとパスワードの組み合わせで管理することが多いよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ユーザアカウント (user account)とは

利用者名簿に載っている名前のこと。
もう少し真面目に書くと

コンピュータさんの世界における「これを使って良いよ権限」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ユーザ」+「アカウント」で「ユーザアカウント」です。

ユーザアカウント

ユーザの意味は「使う人」もしくは「使ってよい人」ね。

ユーザアカウント2

アカウントは、コンピュータの世界における「やって良いよ権限」です。
アカウントがあれば、コンピュータの世界におけるあれやこれやのサービスが使えるようになります。

ユーザアカウント3

いまいちアカウントがイメージできない人は、利用者名簿に載っている名前みたいなものだと思ってください。

ユーザアカウント4

利用者名簿に名前が載っている人は、サービスを利用できます。

ユーザアカウント5

利用者名簿に名前が載っていない人は、サービスを利用できません。

ユーザアカウント6

利用者名簿に載っている名前がアカウントです。

ユーザアカウント7

以上を踏まえて「使う人として許可されていますよ権限」が「ユーザアカウント」です。

もったいぶって書きましたが、アカウントと同じ意味だと思ってもかまいません。
利用者名簿に載っている名前みたいなものです。

ユーザアカウントがあれば、使う人として許可されています。
ユーザアカウントがなければ、使う人として許可されていません。
つまり、使えないわけです。

ただし、一般的には、ユーザアカウントがあってもサービスを使えません。
IDとパスワードを入力して認証することで使えるようになります。
いくら名簿に名前が載っていても、本人かどうか分かりませんからね。
使うためには本人確認が必要になるのです。

そのため、IDとパスワードの組み合わせ自体を指して「ユーザアカウント」と呼ぶ場合も少なくありません。
IDとパスワードの組み合わせによって、機能やサービスを使えるか否かが決まるからです。

「ユーザアカウントの情報を教えてください」と言われたら「あぁ、IDとパスワードが知りたいんだな」と解釈してください。
その上で「何に使うのですか?」と訊いてみましょう。

コンピュータの世界におけるIDとパスワードの組み合わせは現実世界におけるキャッシュカードと暗証番号の組み合わせみたいなものです。
不用意に漏らさないように注意してください。
油断すると痛い目に遭いますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ユーザアカウント」って単語が出てきたら「使って良いよ権限のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク