[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.accdc【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointAccess2007以降のAccessの署名済みパッケージファイルに付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.accdc【拡張子】とは

ファイルの種類を表す目印(拡張子)のひとつ
であり

Access2007以降のAccessの署名済みパッケージファイルに付く拡張子
です。
間違っているけど雰囲気重視な説明をすると

Access2007以降のAccessデータベースファイルに証明書をくっつけて圧縮したファイルに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

データベース
Access(Microsoft Access)
圧縮ファイル
拡張子
・拡張子「.accdb


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

データベースは「データを入れておく箱」です。
突っ込んで考えると混乱するかもしれません。
何となくのフィーリングで理解してください。

.accdc

Accessは「Microsoft Access」の省略表現です。
Microsoft Accessは「マイクロソフトさんが作ったデータベースのソフト」です。
(簡易的な)データーベースとしての機能以外に、画面を作ったり帳票を作ったりする機能もくっついています。
Microsoft Office」と呼ばれる製品のひとつです。

.accdc2

圧縮ファイルは「ひとつにまとめてキュっと潰したよ」なファイルです。
その名の通り、圧縮したファイルです。

.accdc3

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.accdc4

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.accdc5

拡張子「.accdb」は、Access2007以降のAccessさんで作ったAccessデータベースファイルの拡張子です。
いわゆる「Accessのデータベース」と呼ばれるファイルです。

.accdc6

以上を踏まえて、Access2007以降のAccessさんで作ったAccessファイルで、署名済みパッケージファイルとして保存する場合の拡張子が「.accdc」です。

「署名済みパッケージファイルって、なんじゃらほい?」かもしれませんね。
ざっくりと説明すると「これは大丈夫だよ!な証明書をくっつけて、キュっと1つにまとめたファイル」が「署名済みパッケージファイル」です。
よく分からなければ、間違った説明ですが「.accdb」ファイルの圧縮ファイルだと解釈してください。

.accdc7

「accdc」の読み方については「エーシーシーディーシー」と読む人が多いと思います。
そのまんま、アルファベット読みですね。

上でも書きましたが、拡張子「.accdc」のファイルは「.accdb」の圧縮ファイルのイメージです。

まず元となる「.accdb」ファイルを用意します。
次に、しかるべき手順によって「.accdc」ファイルに変換します。
できあがった「.accdc」ファイルを誰かに送ります。

受け取った誰かは「.accdc」ファイルから中身を抽出します。
そうすると元の「.accdb」ファイルをゲットできます。

「.accdb」ファイルを他の人に配りたいときに便利な形態が「.accdc」ファイルです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.accdc」って拡張子が付いていたら「Access2007以降で作ったAccessの署名済みパッケージファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク