[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.accdc【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointAccess2007以降のAccessの署名済みパッケージファイルに付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.accdc【拡張子】とは

Access2007以降のAccessの署名済みパッケージファイルに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

Access2007以降のAccessさんで作ったAccessファイルで、署名済みパッケージファイルとして保存する場合の拡張子が「.accdc」です。

「『署名済みパッケージファイル』ってなんじゃらほい?」かもしれませんね。
軟らかく表現すると「これは大丈夫だよ!な証明書をくっつけて、キュっと一つにまとめたファイル」が「署名済みパッケージファイル」です。
よく分からなければ、間違った説明ですが「.accdb」ファイルの圧縮ファイルだとお考えください。

.accdc

「accdc」の読み方については「エーシーシーディーシー」と読む人が多いと思います。
そのままアルファベット読みですね。

上でも書きましたが、拡張子「.accdc」のファイルは「.accdb」の圧縮ファイルのイメージです。
拡張子「.accdc」のファイルは一般的にAccess2007以降のAccessから作成できます。

まず元となる「.accdb」ファイルを用意したら、しかるべき手順によって「.accdc」ファイルに変換します。
そしたら「.accdc」ファイルを誰かに送ります。
受け取った誰かは「.accdc」ファイルから中身を抽出することで、元の「.accdb」ファイルをゲットすることができるのです。

要は「.accdb」ファイルを他の人に配りたいときに便利な形態が「.accdc」ファイルってことですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.accdc」って拡張子が付いていたら「Access2007以降で作ったAccessの署名済みパッケージファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク