[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.accdw【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointAccessでWebデータベースを開くときに使うファイルに付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.accdw【拡張子】とは

ファイルの種類を表す目印(拡張子)のひとつ
であり

AccessでWebデータベースを開くときに使うファイルに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

データベース
Access(Microsoft Access)
拡張子


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

データベースは「データを入れておく箱」です。
突っ込んで考えると混乱するかもしれません。
何となくのフィーリングで理解してください。

.accdw

Accessは「Microsoft Access」の省略表現です。
Microsoft Accessは「マイクロソフトさんが作ったデータベースのソフト」です。
(簡易的な)データーベースとしての機能以外に、画面を作ったり帳票を作ったりする機能もくっついています。
Microsoft Office」と呼ばれる製品のひとつです。

.accdw2

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.accdw3

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.accdw4

以上を踏まえて、AccessでWebデータベースを開くときに使うファイルの拡張子が「.accdw」です。
拡張子が「.accdw」のファイルはAccessさんで開けます。

.accdw5

「accdw」の読み方については「エーシーシーディーダブリュー」と読む人が多いと思います。
そのまんま、アルファベット読みですね。

「AccessでWebデータベースを開くときに使うファイル」と言われても、何がなんだか分からないかもしれません。
「Webデータベースって何?」な人も少なからずいるでしょう。

ですが、この部分をきちんと説明しようとすると「SharePoint」「Access Services」等の理解が前提となってしまいます。
小難しい言い回しを聞くと頭が痛くなる方は、残念ですが理解を諦めてください。

拡張子が「.accdw」のファイルと出会う機会は多くないと思います。
「そーゆーもんなんだな」と割り切った方が無難です。

ちなみに、マイクロソフトさんがやっている解説サイトでは「.accdw」を以下のように説明していました。
※この説明を書いた当時(2013年の11月頃)は「http://office.microsoft.com/ja-jp/access-help/HA010341788.aspx」に説明が載っていました。残念ながら、今はページがなくなっているようです。過去の情報とはいえ天下のマイクロソフトさんによる説明なので、残しておきます。

.accdw ファイルは、自動的に作成されるファイルで、Access プログラムWeb データベースを開くために使用します。これは、ブラウザーではなく Access で常にアプリケーションを開く Web アプリケーションへのショートカットと考えることができます。 Web アプリケーション サイトの SharePoint の [サイトの操作] メニューの [Access で開く] を使用すると、Access および Access Services によって自動的に .accdw ファイルが作成されます。.accdw ファイルは、サーバーから直接開くことも、コンピューターに保存した後にダブルクリックして実行することもできます。いずれの方法でも、.accdw ファイルを開くと、データベースが .accdw ファイルとしてコンピューターにコピーされます。


小難しい言い回しが大丈夫な人は、この説明で理解できるんじゃないですかね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.accdw」って拡張子が付いていたら「AccessでWebデータベースを開くときに使うファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク