[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.laccdb【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

point「.accdb」ファイルのロックファイルに付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.laccdb【拡張子】とは

「.accdb」ファイルのロックファイルに付く拡張子。
もう少し実情に即して書くと

「.accdb」ファイルを開いたときに勝手に作成されて、閉じたときに勝手に削除されるファイルに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは

データベース
Access(Microsoft Access)
ロックファイル
拡張子
・拡張子「.accdb


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

データベースは「データを入れておく箱」です。
突っ込んで考えると混乱するかもしれません。
何となくのフィーリングで理解してください。

.laccdb

Accessは「Microsoft Access」の省略表現です。
Microsoft Accessは「マイクロソフトさんが作ったデータベースのソフト」です。
(簡易的な)データーベースとしての機能以外に、画面を作ったり帳票を作ったりする機能もくっついています。
Microsoft Office」と呼ばれる製品のひとつです。

.laccdb2

ロックファイルは「今、使用中で~す」な目印になるファイルです。
ロックファイルの使い方はプログラムの作り方に依存しますが、処理が始まるとロックファイルを作り、処理が終わるとロックファイルを消すのが、一般的です。

.laccdb3

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.laccdb4

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.laccdb5

拡張子「.accdb」は、Access2007以降のAccessさんで作ったAccessデータベースファイルの拡張子です。
いわゆる「Accessのデータベース」と呼ばれるファイルです。

.laccdb6

以上を踏まえて「.accdb」ファイルのロックファイルの拡張子が「.laccdb」です。

Accessさんは「.accdb」ファイルが開かれたときに「あっ、今は、こいつが使っているのね」という情報をメモします。
「.accdb」ファイルを使っている人がいなくなったら「もう覚えておかなくて、いーや」と判断して、メモを捨ててしまいます。
このメモに該当するファイルがロックファイルです。
そのロックファイルに付く拡張子が「.laccdb」です。

.laccdb7

「laccdb」の読み方については「エルエーシーシーデービー」と読む人が多いと思います。
そのまんま、アルファベット読みですね。

拡張子が「.laccdb」のファイルは勝手に作られて勝手に消されます。

例えば「piyota.accdb」を開いたとしましょう。
「piyota.accdb」を開いたと同時に「piyota.laccdb」が出現します。

「piyota.accdb」を使い終わったので閉じました。
「piyota.accdb」を閉じたと同時に「piyota.laccdb」は消滅します。

ですから、基本的には気にしなくてOKなファイルです。

ただし、変な終了のされ方をすると、消す暇がなくて残ってしまう場合があります。
その「.accdb」ファイルを誰も使っていないはずなのに同じ名前の「.laccdb」ファイルが残っている場合は消してしまってもかまいません。
消すのが怖い場合は、もう一度「.accdb」ファイルを開いて閉じてください。
(他に誰も使っていない場合は)「.accdb」ファイルを閉じたタイミングで「.laccdb」ファイルが消えるはずです。

とはいえ、あっても害のあるファイルではありません。
変に触るのが怖い人は、そのまま放置してもOKです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.laccdb」って拡張子が付いていたら「.accdbファイルのロックファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク