[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.ldb【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

point「.mdb」ファイルのロックファイルに付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.ldb【拡張子】とは

「.mdb」ファイルのロックファイルに付く拡張子。
もう少し実情に即して書くと

「.mdb」ファイルを開いたときに勝手に作成されて、閉じたときに勝手に削除されるファイルに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

予備知識として、Access2003までのAccessさん、もしくはAccess2007以降で作ったけど保存するときのファイルの形式を「Microsoft Access データベース (2002-2003形式)(*.mdb)」にしたAccessデータベースファイルの拡張子が「.mdb」です。
「.mdb」ファイルと言ったら「Accessのデータベースファイル」だとお考えください。

また、ロックファイルの「ロック」は「これ今俺が使ってるからさ。他の人は触らないでね」の意味です。
小難しい言い方をすると「排他制御」と呼ばれる奴ね。

Accessさんは「.mdb」ファイルが開かれたときに「あっ、今こいつが.mdbを使ってるのね」という情報をメモします。
そして皆が使い終わったら「あっ、もう覚えておかなくていーや」とメモをくしゃくしゃにして捨ててしまいます。
そのメモに該当するファイルがロックファイルで、そのロックファイルの拡張子が「.ldb」です。

.ldb

「ldb」の読み方については「エルディービー」と読む人が多いと思います。
そのままアルファベット読みですね。

拡張子「.ldb」のファイルは勝手に作られて勝手に消されます。
ですから、基本的には気にしなくて結構です。

ただし変な終了のされ方をすると、消す暇が無くて残ってしまう場合があります。
誰もその「.mdb」ファイルを使っていないはずなのに同じ名前の「.ldb」ファイルが残っている場合は消しちゃっても構いません。
よく分からない場合、消すのが怖い場合は「.mdb」ファイルをもう一度開いて閉じれば(他に誰も使っていない場合)「.ldb」ファイルも消えるはずです。
あっても害のあるものではないので、見なかったことにしても構いませんけどね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.ldb」って拡張子が付いていたら「.mdbファイルのロックファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク