[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.mdw【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointAccessワークグループ情報ファイルに付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.mdw【拡張子】とは

ファイルの種類を表す目印(拡張子)のひとつ
であり

Accessワークグループ情報ファイルに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

データベース
Access(Microsoft Access)
拡張子


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

データベースは「データを入れておく箱」です。
突っ込んで考えると混乱するかもしれません。
何となくのフィーリングで理解してください。

.mdw

Accessは「Microsoft Access」の省略表現です。
Microsoft Accessは「マイクロソフトさんが作ったデータベースのソフト」です。
(簡易的な)データーベースとしての機能以外に、画面を作ったり帳票を作ったりする機能もくっついています。
Microsoft Office」と呼ばれる製品のひとつです。

.mdw2

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.mdw3

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.mdw4

以上を踏まえて、Accessのワークグループ情報ファイルの拡張子が「.mdw」です。
「『ワークグループ情報ファイル』って、なんじゃらほい?」な人は「セキュリティ関連の情報が入っているファイル」程度に解釈してください。

.mdw5

「mdw」の読み方については「エムディーダブリュー」と読む人が多いと思います。
そのまんま、アルファベット読みですね。

Access2003以前では「ワークグループの管理」、Access2007以降では「セキュリティウィザード」と呼ばれるところであれやこれやの設定をした際に、その内容が保存されるファイルの拡張子が「.mdw」です。
「.mdw」ファイルを単独で使うことはないと思いますので、あまり意識する必要はありません。
よく分からないからといって消さないようにだけ、ご注意ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.mdw」って拡張子が付いていたら「Accessのワークグループ情報ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク