[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.accdr【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointランタイムモードで起動するように設定された元「.accdb」ファイルに付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.accdr【拡張子】とは

最低限使うことはできるけど余計なことができないようになった「.accdb」ファイルに付く拡張子。
もう少し小難しく書くと

ランタイムモードで起動するように設定された元「.accdb」ファイルに付く拡張子。
です。

image piyo

詳しく書くよ

予備知識として、Access2007以降のAccessさんで作ったAccessデータベースファイルの拡張子は「.accdb」になります。

また「ランタイムモード」は……きちんと説明すると長くなりますので、ざっくり適当に説明しますね。
まず「ランタイム」は「動かすのに最低限必要な部品」程度にお考えください。
そして「ランタイムモード」は一言で言ってしまえば「機能制限版」です。

本来Accessのデータベースファイルを動かすにはパソコンの中にAccessが入っていなければなりません……というわけではありません。
「Accessランタイム」と呼ばれるものが入っていれば、Access本体が無くても最低限動かすことはできるのです。編集したりはできないけど。

つまり「Accessで作ったデータベースファイルを動かすのに最低限必要な部品」が「Accessランタイム」で「動かすのに最低限必要な部品だけを使って動かすモード」が「ランタイムモード」、その「ランタイムモードで動かすよ」になっているAccessファイルに付く拡張子が「.accdr」です。

よく分からなければ「省エネモードで動く.accdb」が「.accdr」だとお考えください。

.accdr

「accdr」の読み方については「エーシーシーディーアール」と読む人が多いと思います。
そのままアルファベット読みですね。

先の説明では「省エネモードで動く.accdb」が「.accdr」だと書きました。
省エネモードということは余計なことができないのです。
余計なメニューとかは表示されませんし、中身を編集するときに必要な画面も出ません。
つまり使う人が変なことをしたりできなくなります。

そんな便利な「.accdr」ファイル、作り方は簡単です。
ファイル名の変更で拡張子を「.accdb」→「.accdr」と書き換えるだけです。

裏を返せば拡張子を「.accdr」→「.accdb」と書き換えるだけで元の「.accdb」に戻っちゃうんですけどね。
そのためセキュリティ目的で「.accdr」にすることはあまりオススメできません。
せいぜい使い道はAccessランタイム有り(Access本体は無し)環境用の動作確認くらいだと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.accdr」って拡張子が付いていたら「動かすことはできるけど変更ができないAccessのデータベースファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク