[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.adp【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointAccess2010までのAccessプロジェクトファイルに付くよ

pointAccess 2013で廃止されたファイル形式だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.adp【拡張子】とは

ファイルの種類を表す目印(拡張子)のひとつ
であり

Access2010までのAccessプロジェクトファイルに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

データベース
Access(Microsoft Access)
SQLServer
Access プロジェクト
拡張子


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

データベースは「データを入れておく箱」です。
突っ込んで考えると混乱するかもしれません。
何となくのフィーリングで理解してください。

.adp

Accessは「Microsoft Access」の省略表現です。
Microsoft Accessは「マイクロソフトさんが作ったデータベースのソフト」です。
(簡易的な)データーベースとしての機能以外に、画面を作ったり帳票を作ったりする機能もくっついています。
Microsoft Office」と呼ばれる製品のひとつです。

.adp2

SQLServerは「Windowsのシステムで、よく使われるデータベース」です。
マイクロソフトさんが開発しました。

.adp3

Access プロジェクトは「SQLServerをAccessっぽい操作性で使いたいときに用いる、Accessファイルの形式」です。

実は、ですね。
AccessとSQLServerは連携できるのです。

もともと、Accessさんは自前のデータベースを持っています。
普段は、その自前のデータベースを使って、お仕事をしています。

.adp4

AccessとSQLServerを連携したときは、これが少し変わります。
Accessさんは自前のデータベースを見に行く振りをして、こっそりSQLServerのデータベースを見に行くようになるのです。

.adp5

使っている人からしたら、たいした違いはありません。
操作するのは、あくまでAccessです。
Accessさん自前のデータベースを見に行こうと、SQLServerのデータベースを見に行こうと、影響はありません。

.adp6

使う人にはAccessを使わせます。
裏側ではSQLServerを見に行きます。
このようにすることで、Accessのデータベースを操作するのと似たような操作性で、SQLServerが使えます。

この「AccessとSQLServerを連携して、Accessっぽい操作性でSQLServerを扱う」ときに使うAccessファイルの形式が、Access プロジェクトです。

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.adp7

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.adp8

以上を踏まえて、Access2010までのAccessさんで作った、Accessプロジェクトファイルの拡張子が「.adp」です。

.adp9

「adp」の読み方については「エーディーピー」と読む人が多いと思います。
そのまんま、アルファベット読みですね。
由来は「Access Data Project(アクセス・データ・プロジェクト)」です。

一般的に、拡張子が「.adp」のファイルはAccessで中身を見たり編集したりします。
Accessさん用のファイルの拡張子なので、当たり前と言えば当たり前ですね。

実際の使い方ですが、まず、拡張子が「.adp」のファイルを作ります。

.adp10

次に、このファイルに対して、連携するSQLServerのデータベースを指定します。

.adp11

これで準備は完了です。

拡張子が「.adp」のファイルはAccessっぽい操作性のファイルです。
拡張子が「.adp」のファイルの中にある(ように見える)データベースを操作することで、Accessっぽい操作性でSQLServerのデータをあれこれできます。

.adp12

ちなみに、MicrosoftさんはAccess プロジェクトを

OLEDBコンポーネントアーキテクチャを使用して、SQL Serverデータベースにネイティブ モードで効率よくアクセスするためのAccessデータファイル(.adp) です。

と説明しています。

難しい単語が並んでいて、よく分からないですね。
この説明を噛み砕いて書くと

あれやこれやを使って、SQL ServerデータベースにAccessっぽい感じでアクセスするためのAccessデータファイル(.adp) です。

となります。

ポイントは

1.Accessっぽい使い勝手で
2.SQLServerを操作できる
3.ファイルです


の3つです。

便利ですね。

とはいえ「.adp」はAccess2013で廃止されました。
いろいろと大人の事情があるのでしょう。
Access2010まででしか使えません。
ご注意ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.adp」って拡張子が付いていたら「Accessのプロジェクトファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク