[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.potx【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointPowerPoint2007以降のPowerPointテンプレートファイルに付くよ

pointマクロ無しのPowerPointテンプレートファイル用の拡張子だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.potx【拡張子】とは

PowerPoint2007以降のPowerPointテンプレートファイルに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

PowerPoint2007以降のPowerPointさんで作ったPowerPointファイルで、テンプレートファイルとして保存する場合の拡張子が「.potx」です。

.potx

「potx」の読み方については「ピーオーティーエックス」と読む人が多いと思います。
そのままアルファベット読みですね。

拡張子「.potx」のファイルは一般的にPowerPoint2007以降のPowerPointで中身を見たり編集したりします。
PowerPointさん用のファイルの拡張子なので、当たり前と言えば当たり前ですね。

拡張子「.potx」のファイルの使いどころですが、同じようなファイルで少しだけ中身の違うファイルを量産したいときに便利です。
「メニュー→ファイル→新規作成」と選んでいくと「おい、どのテンプレートを元ネタにするんだい?」を選べるところ(「マイテンプレート」とか書いてあるところ)があるのですが、そこの選択欄に、保存した「.potx」ファイルが表示されるのです。そこから読み込みたい「.potx」ファイルを選べば、選んだ「.potx」ファイルの中身が新しいPowerPointファイルの中にコピーされます。
あとはその内容を書き換えて「名前を付けて保存」すれば簡単に量産できますね。
事前に「.potx」として保存しておくことで、内容を複製して再利用するのが簡単になるってな理屈です。

……とは言え、前に作ったファイルをコピーしてそれを編集しても結果は一緒なんですけどね。
わざわざテンプレート化しなくても事足りる場合が多いので、私は「.potx」ファイルを使ったことが無かったりします。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.potx」って拡張子が付いていたら「PowerPoint2007以降で作ったPowerPointテンプレートファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク