[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.dotx【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointWord2007以降のWordテンプレートファイルに付くよ

pointマクロ無しのWordテンプレートファイル用の拡張子だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.dotx【拡張子】とは

Word2007以降のWordテンプレートファイルに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは

Word(Microsoft Word)
テンプレート
テンプレートファイル
拡張子


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

Wordは「Microsoft Word」の省略表現で「マイクロソフトさんが作った文書作成ソフト」です。
Microsoft Office」と呼ばれる製品のひとつです。

.dotx

テンプレートは「ひな形」です。
複製したり流用して何か新しいものを作ったりする際の「元ネタ」です。

.dotx2

テンプレートファイルは「ひな形になるファイル」です。
複製したり流用して何か新しいものを作ったりする際の「元ネタ」になるファイルです。

.dotx3

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.dotx4

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.dotx5

以上を踏まえて、Word2007以降のWordさんで作ったWordファイルで、テンプレートファイルとして保存する場合の拡張子が「.dotx」です。

.dotx6

「dotx」の読み方については、なんと読むのが多数派なのか分かりません。
アルファベット読みで「ディーオーティーエックス」でしょうか。
「ドットエックス」だと「.x」と勘違いする人も出てきそうですしね。
「Word2007以降のテンプレートファイル」と呼ぶのが無難かもしれません。

一般的に、拡張子が「.dotx」のファイルはWord2007以降のWordで中身を見たり編集したりします。
Wordさん用のファイルの拡張子なので、当たり前と言えば当たり前ですね。

拡張子「.dotx」のファイルの主な使いどころは

同じようなファイルで少しだけ中身の違うファイルを量産したいとき

です。

「メニュー→ファイル→新規作成」と選んでいくと「おい、どのテンプレートを元ネタにするんだい?」を選べるところがあります。
そこの選択欄には、保存した「.dotx」ファイルが表示されているはずです。
そこの選択欄に、保存した「.dotx」ファイルが表示されるのです。
そこから読み込みたい「.dotx」ファイルを選べば、選んだ「.dotx」ファイルの中身が新しいWordファイルの中にコピーされます。
あとは、その内容を書き換えて「名前を付けて保存」すれば簡単に量産できます。

事前に「.dotx」として保存しておくことで、内容を複製して再利用するのが簡単になる理屈です。

……とはいえ、前に作ったファイルをコピーして、編集しても結果は同じです。
わざわざテンプレート化しなくても事足りる場合が多いので、私は「.dotx」ファイルを使ったことが、なかったりします。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.dotx」って拡張子が付いていたら「Word2007以降で作ったWordテンプレートファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク