[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

メールアドレス (mail address)

pointこの用語のポイント

point電子メール関連で登場するよ

pointメールの送り先の情報だよ

pointどのコンピュータのどの箱に届けるかが書かれているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

メールアドレス (mail address)とは

電子メールの世界で使われる宛先情報(メールをどこに届ければ良いかの情報)
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

メールは「電子メール」の省略表現で「パソコンさんの世界のお手紙機能」です。
とはいえ、普通に「メール」って言えば分かりますよね?

メールアドレス

それを踏まえて「メールの世界の宛先情報」が「メールアドレス」です。
普通の手紙で言えば、宛名(お届け先の名前と住所)に相当します。

メールアドレスは「piyota@example.com」のような形式になっています。

「@」より前の部分は、届けたい人の名前です。
「@」より後ろの部分は、届けたい人の住所です。

メールアドレス2

メールアドレスというのは

[お届け先の名前]@[お届け先の住所]

の形式になっています。
メールアドレスが

piyota@example.com

であれば

「example.com」に住んでいる「piyota」

と解釈してください。

メールアドレスの「@」より前の部分は「ローカルパート(local-part)」と言います。
「お届け先の名前」の部分ですね。

メールアドレス3

「@」より後ろの部分は「ドメインパート(domain-part)」と言います。
「お届け先の住所」の部分です。

メールアドレス4

ついでなので、覚えてあげてください。

メールアドレスの形式について、何となく分かったでしょうか?

次に、もう少しだけ正確な説明をします。

先ほど、メールアドレスの形式は

[お届け先の名前]@[お届け先の住所]

だと説明しました。

少し、嘘です。

正確には

[お届け先の部屋番号]@[お届け先の住所(番地まで)]

になります。

メールの届け先は、マンションやアパートのような集合住宅だと思ってください。
「どの建物に届ければいいですか~?」が書いてあるのが、メールアドレスの「@」より後ろの部分です。
「どの部屋に届ければいいですか~?」が書いてあるのが「@」よりの部分になります。

メールアドレス5

それを踏まえて、実際のメールを送る流れで見てみましょう。

例えば、ピヨ太君がピヨ子さんにメールを送ったとします。
ピヨ子さんのメールアドレスは「piyoko@example.com」です。

メールアドレス6

「piyoko@example.com」宛てに送られたメールは、まず「『example.com』宛のメールを保管しておくぜ」なコンピュータ(メールサーバ)に届きます。

メールアドレス7

メールサーバに届いたメールは、次に、メールサーバの中にある「『piyoko』宛のメールを保管しておくぜ」な箱(メールボックス)に入れられます。

メールアドレス8

次に、ピヨ子さんが、メールを見るときに使うソフトメールソフト)を使って、メールボックスからパソコンにメールを持ってきます。

メールアドレス9

これでメールを見る準備が整いました。
ピヨ子さんは、受け取ったメールをパソコン上で見ます。

メールアドレス10

これが、メールを見るときの一般的な流れです。

ここでメールアドレス

piyoko@example.com

に注目してください。

「@」より後ろの部分「example.com」は「どのコンピュータ(メールサーバ)にメールを届けてよ」が書かれている部分です。

メールアドレス11

「@」よりの部分「piyoko」は「どの箱(メールボックス)にメールを入れてよ」が書かれている部分になります。

メールアドレス12

2つ併せて「メールを、どのコンピュータのどの箱に入れてよ」な指定です。
つまり「どこにメールを届けてよ」な宛先情報になります。

これが、メールアドレスを使ってメールが送られる仕組みです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「メールアドレス」って単語が出てきたら「メールの世界の宛先情報なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク