[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.docm【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointWord2007以降のWordファイルに付くよ

pointマクロ有りのWordファイル用の拡張子だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.docm【拡張子】とは

Word2007以降のWordファイル(マクロ付き)に付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは

Word(Microsoft Word)
マクロ
拡張子


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

Wordは「Microsoft Word」の省略表現で「マイクロソフトさんが作った文書作成ソフト」です。
Microsoft Office」と呼ばれる製品のひとつです。

.docm

マクロは「操作手順などを記録&実行する機能」です。

.docm2

まず、やる操作をWordさんに覚えさせます。
力いっぱい叩き込みます。

.docm3

その後「おい、さっきの命令通りに動け!」と命令します。
そうすると、まるで「あなたに操作されたかのように」動いてくれるのです。

.docm4

あっ、この行をコピーですか。
ハイハイ。

あっ、それをこっちに貼り付けるのですね。
承知しました。

みたいな感じですね。

あなたは実際にはコピーや貼り付けの操作をしていません。
ですが、事前に「おい、コピーして貼り付けの操作をするから。というより、したことにするから。例え、実際にしていなくても、されたと思って動け!」と、きつーく命令してあります。

そこでWordさんは、操作されたつもりになって動いてくれるのです。

このような

1.事前に操作方法などを記録する
2.記録した内容を実行させる


仕組みがマクロです。

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.docm5

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.docm6

以上を踏まえて、Word2007以降のWordさんで作ったマクロ付きWordファイルの拡張子が「.docm」です。

.docm7

「docm」の読み方については「ドクエム」「ドックエム」「ディーオーシーエム」などと読む人が多いと思います。
私は「ドクエム」か「ドックエム」と読むと思います……が、いまだかつて声に出して読んだことがない拡張子だったりします。

一般的に、拡張子が「.docm」のファイルはWord2007以降のWordで中身を見たり編集したりします。
Wordさん用のファイルの拡張子なので、当たり前と言えば当たり前ですね。

ちなみに、Word2007以降では初期のファイル保存形式は「Word 文書(*.docx)」になっています。
これはWord2007以降で採用されたデータ形式なのですが、実は「Word 文書(.docx)」ではマクロを保存できません。
マクロを保存したい場合は「Word マクロ有効文書(*.docm)」形式で保存する必要があります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.docm」って拡張子が付いていたら「Word2007以降で作ったマクロ付きWordファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク