[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.xla【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointExcel2003までのExcelアドインに付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.xla【拡張子】とは

Excel2003以前のExcelアドインに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

Excel2003以前のExcelさんで作ったExcelファイル、もしくはExcel2007以降で作ったけど保存するときのファイルの形式を「Excel 97-2003 アドイン(*.xla)」にしたExcelファイルで、アドインとして保存する場合の拡張子が「.xla」です。
ちなみに「アドイン」は「機能拡張用のソフトウェア」ね。
つまり「.xla」はExcelさんの機能拡張用のプログラムを自作したときに保存する形式ということです。

.xla

「xla」の読み方については「エックスエルエー」と読む人が多いと思います。
そのままアルファベット読みですね。

拡張子「.xla」のファイルは一般的にExcel2003以前のExcelで中身を見たり編集したりします。
Excelさん用のファイルの拡張子なので、当たり前と言えば当たり前ですね。

たまーにある失敗が、普通にExcelを保存しようとしたら間違って「.xla」で保存しちゃった~。もう一回開いたら中身が見れないよ~です。
そんな場合も慌ててはいけません。

まずその「.xla」ファイルの拡張子を「.xls」に変更します。

次にその「.xls」ファイル(元「.xla」ファイル)を開きます。

次に何とかかんとかして「Microsoft Visual Basic for Applications」というウィンドウを開きます。
Excel2003では「ツール(T)」→「マクロ(M)」→「Visual Basic Editor(V)」をクリックすれば開くはずです。

「Microsoft Visual Basic for Applications」が開いたら「表示(V)」を押して「プロジェクト エクスプローラー(P)」と「プロパティ ウィンドウ(W)」をクリックします。
既にプロジェクト エクスプローラーとプロパティ ウィンドウが表示されている場合は何も変わりませんが気にしなくて良いです。

次にプロジェクト エクスプローラー(「プロジェクト-VBAProject」とか書かれているところ)の「VBAProject(hoge.xla)」→「Microsoft Excel Objects」→「ThisWorkBook」と辿り「ThisWorkBook」をダブルクリックします。

そうするとプロパティ ウィンドウ(「プロパティ-ThisWorkBook」とか書かれているところ)になんかいろいろ出てくるので「IsAddin」の「True」となっているところを「False」にします。

あとは適当に保存してあげてください。
これで普通のExcelファイルとして復活するはずです。

大分話が逸れちゃいましたね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.xla」って拡張子が付いていたら「Excel2003以前で作ったExcelアドインなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク