[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

テンプレート (template)

pointこの用語のポイント

pointひな形だよ

point元ネタになるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

テンプレート (template)とは

「ひな形」のこと。
と書くと辞書的ですね。
もう少し噛み砕いて説明すると

ファイルとかを複製したり流用して何か新しいものを作ったりする際の「元ネタ」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

「これをお手本にしなさい」な元ネタ、基準、雛形となるものが「テンプレート」です。
「定型○○」と呼ばれたりもします。
○○には「フォーム」「データ」「文書」などが入ります。

テンプレート

テンプレートは「同じようなものを何回も作るの、やんだ(-A-)」な怠け者の強い味方です。
あらかじめ元ネタになるテンプレートを用意しておけば、あとはそれを複製して少し変えるだけで新しいものが作れます。

例えば、新しく名刺を作るとしましょう。
連絡先を入れないでデザインだけしておけば、後から会社の電話番号を入れて、お仕事用にすることもできます。
携帯電話の番号を入れて、プライベート用にすることも簡単です。
何も入れないで、謎の多い人物になることもできます。
この話における「連絡先の入っていない名刺のデザイン」が「テンプレート」です。

ちなみに、テンプレートとして扱うファイルは「テンプレートファイル」と呼ばれます。
別に、決まりがあるわけではありませんけどね。
慣習として、そのような表現が使われます。

テンプレートは、ひな形です。
何のひな形かは分かりません。
前後の文脈から判断する必要があります。

同じように、テンプレートファイルも中身が何かはケース・バイ・ケースです。
使うシチュエーションによって指すものは変わります。
一概に「中身は、これだよ!」とは言えません。
ご注意ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「テンプレート」って単語が出てきたら「お手本となる元ネタなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク