[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

tempフォルダ

pointこの用語のポイント

pointフォルダだよ

point一時的に作ったファイルを入れておくよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

tempフォルダとは

tempファイル(一時的に作ったファイル)を入れておくフォルダ
です。

image piyo

詳しく書くよ

temp」+「フォルダ」で「tempフォルダ」です。

tempフォルダ

tempは「一時的な」って意味ね。
「temp○○」という形で登場します。
用がなくなったら捨てちゃう何かです。

tempフォルダ2

フォルダは、コンピュータの世界における「書類入れ」です。
とはいえ、普通に「フォルダ」って言えば分かりますよね?

tempフォルダ3

それを踏まえて、一時的に作る(作った)フォルダが「tempフォルダ」です。
作ったフォルダは、用がなくなったら捨てちゃいます。

tempフォルダ4

……というのは嘘です。

tempフォルダ5

tempフォルダは「一時的に作るフォルダ」ではありません。
「一時的に作るファイルを入れておくフォルダ」です。
ご注意ください。

何かの目的で一時的に作る(作った)ファイルを「tempファイル」と言います。

tempフォルダ6

このtempファイルを入れておくフォルダが「tempフォルダ」です。
中に入れたファイルは、用がなくなったら捨てちゃいます。

tempフォルダ7

tempフォルダは、一時的に使うファイルを入れておくためのフォルダです。
ずっと残しておきたいファイルは入れません。

また、基本的にはプログラムさんが使うフォルダです。
人間様は使いません。

tempフォルダの中身は用が無くなればプログラムさんの手によって勝手に削除されます……が、たまに削除しそこなうこともあります。
中身は、使い終わったら消しちゃうはずのファイルです。
古いファイル(多分もう使っていないファイル)が残っていたら消しても構いません。

あと、tempフォルダは「tmpフォルダ」と表記される場合もあります。
「temp」と「tmp」の違いを気にする必要はありません。
単なる表記の違いで、意味は同じです。
どちらも「一時的に作るファイルを入れておくフォルダ」です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「tempフォルダ」って単語が出てきたら「一時的に作ったファイルを入れておくフォルダなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク