[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ラスタ画像 (raster image)

pointこの用語のポイント

point画像だよ

pointマス目に色を塗る方式で作られているよ

point「ビットマップ画像」とも呼ばれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ラスタ画像 (raster image)とは

「ビットマップ画像」のこと。
つまり

マス目に色を塗って作る形式の画像のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ビットマップ画像」は「マス目に色を塗って作る形式の画像」です。
この「ビットマップ画像」の別名が「ラスタ画像」です。

ちなみに「ラスタ(形式)」は「データを座標と色で覚えておくデータ形式」ね。
マス目(座標)に対して色を置いて描くので「ラスタ画像」なんでしょう。

ラスタ画像は「左1上1に赤を置いて~、左2上1に青を置いて~、……」のような形で情報が管理されますよ。

ラスタ画像

詳しい……と言う程詳しくも無いのですが、詳細は「ビットマップ画像」の説明をご覧ください。

あと半分余談ですが、ラスタ画像とよく比較されるものに「ベクタ画像」があります。
ラスタ画像が座標で情報を管理するのに対して、ベクタ画像ではベクトル(向きと長さ)で情報を管理します。

ラスタ画像2

各々の特徴としては、ラスタ画像はひとつひとつの座標に色を置いていくので、複雑な絵や写真を表現するのに向いています。
一方ベクタ画像は拡大してもカクカクしないので、直線や曲線の多い画像に向いていますよ。

「ラスタ画像」と「ベクタ画像」はセットで登場することが多いので、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ラスタ画像」って単語が出てきたら「ビットマップ画像のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク