[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ドキュメント (document)

pointこの用語のポイント

point資料だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ドキュメント (document)とは

「資料」のこと。
もう少し細分化して説明すると

「文書」「書類」「Wordで作ったファイル」「Excelで作ったファイル」「PDFファイル」「設計書」「仕様書」「提案書」「操作説明書」などなどのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

IT業界ではいろいろなものを指して「ドキュメント」と言います。
あるときは電子データ、あるときは紙に印刷した資料、中には「記録」という意図で「ドキュメント」と言う人もいますね。

そんないろいろな使われ方をする単語「ドキュメント」ですが、一言で言ってしまえば「資料」です。

ドキュメント

例えばシステム開発の現場ではいろいろな資料を作ります。
お客さまへの提案資料、どんなものを作るか書いた仕様書、実際にものを作るための設計書、ものが出来たら出来たで使い方を書いた操作説明書も必要になります。
それをいちいち呼び分けるのも面倒ですからね。
お仕事現場によっては全部「ドキュメント」と呼んだりしますよ。
「次はこのドキュメント作るから~」「この前の打ち合わせ結果、ドキュメントに反映させておいて」「ドキュメントにまとめて提出します」などなど。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ドキュメント」って単語が出てきたら「資料のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク