[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

FQDN

pointこの用語のポイント

pointドメイン名だよ

point省略しないで全部書いたやつだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

FQDNとは

TCP/IPネットワーク上でドメイン名、サブドメイン名、ホスト名等を省略せずにすべて指定して記述したドメイン名のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

・・・・・はぁ?( ̄д ̄;

分かるような分からんような微妙な感じですね。
巷の解説を見ると

「www.i-3-i.info」はFQDNだけど「i-3-i.info」はホスト名が省略されているからFQDNじゃないよ。

とか書いてあったりします。
「完全修飾ドメイン名」とも呼ばれますよ、とも書いてあったりします。

わかるけど微妙にわかんねーんだょヾ(`д´)ノ
ドメイン名はドメイン名じゃないのかょヾ(`д´)ノ
てかURLと何が違うんだよ?!ヾ(`д´)ノ

とかキレちゃいそうな勢いですね。
私は昔キレました。

それじゃーのんびり遠回りしながら見ていきましょうかね。

まず紛らわしい「URL」。
こいつをやっつけちゃいましょう。

ドメイン名の前後に余計な文字がくっついたのがURLです。
余計な文字ってのは「http://」とかね。

ドメイン名の例:i-3-i.info(www.i-3-i.info)
URLの例:http://i-3-i.info

これでURLさんはドメイン名さんと微妙に別物だと分かりました。
それでは本題、FQDNとは・・の前にもう一つ予備知識です(--)b

実は条件が揃えばドメイン名って奴は省略可能なのです。

メールだったら、条件が揃えば@以降を全く書かなくても届くときは届くし、インターネットを見てても「www.」がついているURLもあればついていないURLもあるはずです。
どんな場合に省略可能かを突っ込むと私が分からなくなるので華麗にスルーしますが、とにかく場合によってはドメインは省略して書けるのです。

つまりはそーゆーこと。

省略して書けるドメイン名さんですが、それを省略しないで書くと「おっ、生真面目に全部書いて偉いね~」という意味が付与されて「FQDN」と呼ばれる存在になるのです。

要は『本来のルールにきちんと沿った形式のドメイン名』ってことです。

「普通に『ドメイン名』って言ってくれれば分かるのに~」と思うかもしれませんが、生真面目な人はFQDNとドメイン名を区別して表現します。
私は生真面目じゃないので必要が無い限りは区別しません。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「FQDN」って単語が出てきたら「省略しないで律儀に全部書いたドメイン名のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク