[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

FQDN

pointこの用語のポイント

pointドメイン名だよ

point省略しないで全部書いたやつだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

FQDNとは

一部のサブドメインやホスト名などの「省略して書かなくても大丈夫だよ」な部分を省略しないで、きちんと全部書いたドメイン名のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

IPアドレス
ドメイン名
URL


について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

IPアドレスは「コンピュータさん向けのネットワーク上の住所」です。
通信において、送信先を特定するときに使う情報です。
「198.51.100.10」のような形式になっています。

FQDN

ドメイン名は人間様向けのネットワーク上の住所です。
「i-3-i.info」のような形式になっています。

FQDN2

普通のコンピュータさんはIPアドレスしか分かりません。
ドメイン名を見せられても「う~ん、どこの住所だろう」と困ってしまうのです。

FQDN3

それでは全部IPアドレスで管理しましょうか。

ですが、そうすると今度は人間様が困ります。
例えば「198.51.100.1」と「198.51.100.10」と「198.51.100.11」の違いなんて、パッと見で分かりませんよね。
うっかりミスも増えそうです。

FQDN4

そこで、コンピュータさんはコンピュータさんが分かりやすい形式の住所(IPアドレス)、人間様は人間様が分かりやすい形式の住所(ドメイン名)を扱えるようにしました。
具体的には、事前にIPアドレスとドメイン名の対応付けを行っておいて、必要に応じて変換するのです。

FQDN5

この仕組みが使われているのが、ホームページの世界です。

ホームページの世界には「URL」と呼ばれているものがあります。

あなたがホームページを見ようとすると、まず、ホームページを見るときに使うソフトWebブラウザ)からホームページのファイルが置いてあるコンピュータ(Webサーバ)に対して「このページをおくれ」なお願いが出されます。

FQDN6

そのお願いに対して、WebサーバさんからWebブラウザさんに「ほれ、そのページだよ」とお返事がきます。

FQDN7

お返事を受け取ったWebブラウザさんは、受け取った内容(ホームページのファイル)を画面上に表示してくれます。

FQDN8

これが、ホームページが表示されるときの流れです。

ここで、ちょっと考えてみてください。
どのコンピュータに対して「このページをおくれ」なお願いをすれば良いのでしょうか?
「このページをおくれ」の「このページ」って、どんなページでしょうか?

その情報を示しているのがURLです。
※説明がよく分からない人は、URLは「ホームページの住所」だと思ってください。

URLの形式は

 スキーム名(「http://」「https://」「ftp://」等)
   +
 ホスト名サブドメイン名(省略可能な場合もある)
   +
 ドメイン名
   +
 ポート番号(省略可能な場合もある)
   +
 ファイルまでのパス
   +
 ファイル名


な構成です。
例えば

 http://(スキーム名)
   +
 wa3.(ホスト名、サブドメイン名)
   +
 i-3-i.info(ドメイン名)
   +
 :80(ポート番号)
   +
 /extension/(ファイルまでのパス)
   +
 index.html(ファイル名)


のようになります。

全部くっつけると

http://wa3.i-3-i.info:80/extension/index.html

です。
これは

「wa3.i-3-i.info」にあるコンピュータに「80」番ドアから入って行って「extension」というフォルダにある「index.html」というファイルを「HTTP」というやり方で持ってきてね

を意味しています。
ポート番号の「:80」は見慣れないかもしれませんが、それ以外はインターネットでよく見かける形式のURLですよね。

以上を踏まえて本題に入ります。

ズバリ!

URLとかを書くときに「あっ、そこは省略して書かなくても大丈夫だよ!」な部分も省略しないで書いたドメイン名が「FQDN(エフ・キューディーエヌ)」です。

Fully Qualified Domain Name(フーリィ・クァリファイド・ドメイン・ネーム)」の頭文字を取って「FQDN」ですが別に覚える必要はありません。
覚えていても、たいして役に立たないと思います。

例えば

http://www.i-3-i.info

というURLがあったとしましょう。
このURLを便宜上「ピヨ太URL」と呼ぶことにします。

FQDN9

ピヨ太URLにおいて一般的に「ドメイン名」と呼ばれる部分は「www.i-3-i.info」の部分です。

FQDN10

実はピヨ太URLは

http://i-3-i.info

と書くこともできます。
(設定次第ですが)「www.」の部分を省略して書けるのです。
「www.」の部分を省略したURLを便宜上「ピヨ子URL」と呼ぶことにします。

FQDN11

ピヨ子URLのドメイン名は「i-3-i.info」の部分です。

FQDN12

さて、ここでドメイン名の部分を見比べてください。
それぞれのドメイン名は

ピヨ太URL:www.i-3-i.info
ピヨ子URL:i-3-i.info


です。

ピヨ太URLとピヨ子URLは同じ場所を指すURLです。
ですから、ピヨ太URLのドメイン名とピヨ子URLのドメイン名も同じです。
ピヨ子URLのドメイン名「i-3-i.info」はピヨ太URLのドメイン名「www.i-3-i.info」の「www.」が省略されているだけです。

FQDN13

この話で登場した「www.i-3-i.info」がFQDNです。
省略しないで全部書いたドメイン名です。

FQDN14

それに対して「i-3-i.info」はFQDNではありません。
「www.」の部分を省略して書いた、いわば「ドメイン名の一部」だからです。

FQDN15

繰り返しになりますが、ドメイン名は省略して書けます。
その省略可能なドメイン名を省略しないで書くと「FQDN」と呼ばれる存在になるのです。
言い換えると、FQDNは「本来のルールに沿った形式のドメイン名」です。

……というのが真面目ぶって書いた説明です。

身も蓋もないことを言います。
「FQDN」と出てきたら「ドメイン名」と読み替えてみてください。
それで何となくの意味は掴めるはずです。

以上でFQDNのざっくりとした説明は終わりですが、最後に「ルートドメイン」について補足しておきます。
余裕がある方は頑張って読んであげてください。
脳みそから煙が出そうな人は無理をする必要はありません。
ゆっくり休んでください。

ちょっと休憩

ルートドメインは「ドメイン名の一番右側に付けるはずだけど普通は省略される『.(ドット)』」です。

先ほどの説明でピヨ太URL「http://www.i-3-i.info」のドメイン名「www.i-3-i.info」を省略してないドメイン名扱いしました。
ですが、実は「www.i-3-i.info」も省略されているのです。

本当に省略しないで書いた場合、URLの最後には「.(ドット)」が付いて

http://i-3-i.info.

になります。
ドメイン名は「www.i-3-i.info.」です。

FQDN16

先ほどの説明では「www.i-3-i.info」をFQDNと見なしましたが、厳密に考えれば「www.i-3-i.info」はFQDNではありません。
FQDNは「www.i-3-i.info.」です。

FQDN17

ただし、ルートドメインは、まず間違いなく省略されます。
よって、一般的には「www.i-3-i.info」をFQDN扱いします。

FQDN18

まとめると

本来のFQDN:ルートドメイン付きの省略していないドメイン名
一般的な扱いのFQDN:ルートドメインのみ省略したドメイン名
FQDNではない:ルートドメイン以外も省略したドメイン名


です。

ドメイン名「www.i-3-i.info」に関して言えば

本来のFQDN:www.i-3-i.info.
一般的な扱いのFQDN:www.i-3-i.info
FQDNではない:i-3-i.info


となります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「FQDN」って単語が出てきたら「(省略してない)ドメイン名なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク