[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

電子書籍

pointこの用語のポイント

point本だよ

pointデジタルデータになってるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

電子書籍とは

コンピュータの中に突っ込んだ本のこと。
もう少し真面目に書くと

デジタルデータになった本のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

パソコンとかスマホとかで読める、データになった本が「電子書籍」です。

電子書籍

電子書籍のメリットは「データである」という部分でしょう。
当たり前ですが、紙もインクも使いません。何百万部でも複製できます。
わざわざ配送する必要もありませんね。インターネットとかメールで配布すれば良いだけです。
おっと、もちろん場所も取りません。いっぱいになったらハードディスクの容量を増やせば良いだけです。
つまり紙の本に比べてコストが安くて済むわけです。
不慮の事態で元のデータが無くならない限り、わざわざ絶版にする必要もありません。
また、例えば音声を付けたり、紙の本では難しかった表現ができるのもメリットでしょう。

一方でデメリットは、個人の嗜好に依存する部分が大きいと思います。
客観的に考えた際のデメリットって「目が疲れる」くらいしか思い浮かばないのですよね。
もちろん他にも「電子化されていない本がある」等のデメリットはありますが、これは業界が成熟すれば解決するはずです。

よって電子書籍のデメリットはあまり無い……のですが、本好きの立場から感じる致命的なデメリットは「本じゃないこと」です。
本の魅力は中身の文章だけではありません。
装丁に魅力を感じる人もいますし、ページをめくるという動作を楽しむ人もいます。
電子書籍は「味気ない」と感じる人も少なくないはずです。

あくまで個人的な意見ですが、まだ当分紙の本は無くならないだろうなぁ、と考えています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「電子書籍」って単語が出てきたら「データになった本なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク