[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

改ページプレビュー

pointこの用語のポイント

pointExcelの機能だよ

point印刷した時のページの区切りを確認できるよ

point印刷した時のページの区切りを調整できるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

改ページプレビューとは

Excelにくっついている機能のひとつ
であり

「印刷すると、どこからどこまでが1枚の紙に印刷されますよ」が点線で表示されている画面
であり

印刷するときにシートのどこからどこまでを1枚の紙に納めるか指定する画面
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「改ページ」と「印刷プレビュー」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

改ページは「ページの区切り」です。
パッと見はただの線ですが、印刷したときには、改ページを区切りとして別の紙(ページ)になります

改ページプレビュー

印刷プレビューは「多分だけど、こんな感じに印刷されるよ」なイメージ画面です。
実際に印刷する前に、どんな風に印刷されるかを確認できます。

改ページプレビュー2

印刷プレビュー上では、基本的に編集できません。
見て「ふーん、こんな感じに印刷されるのか」と確認できるだけです。

改ページプレビュー3

以上を踏まえて、Excelにくっついている機能のひとつで「編集できる印刷プレビュー」であり「改ページを確認・変更できる画面」が「改ページプレビュー」です。

改ページプレビューは、基本的には普通のExcelシートです。
編集できます。

さらに「ここからここまでが1枚の紙に印刷されますよ」を確認できます。
簡易的な印刷プレビュー画面です。
画面上に青い線(青い点線)が表示されていて、それがページの区切りを表現しています。

改ページプレビュー4

さらに、青い線をドラッグして動かすことで、1ページ当たりの印刷範囲を調整できます。
「どこからどこまでを1枚の紙に印刷するか」を変更できるのです。

改ページプレビュー5

実は、Excelさんには「ページ」という概念がありません。
あるのは「シート」です。
シートとページは違います。

ページの概念がないので、どこからどこまでを1枚の紙に印刷すればいいのかExcelさんは分かりません。
文字の大きさを変えれば、1ページに収まるs範囲も変わりますからね。
「ここからここまでが1ページだから、この内容が1枚の紙に印刷されるよ」な基準がないのです。

そこでExcelさんは、1枚の紙に印刷する範囲を適当に決めます。
Excelさん自身が「これくらいの文字の大きさで、これくらいの範囲を1枚の紙に印刷すれば良い感じになるかな」と判断してくれます。

ただし、です。

人間様としては、それが気に食わない場合もあるでしょう。
「もう少し文字を大きくしたいんだよな」や「あっ、途中で切れてる!ここまでを1枚の紙に印刷しろよ」と思うこともあるはずです。

そこで登場するのが、改ページプレビューです。
改ページプレビュー上でページの区切りを動かすことで、1枚の紙に印刷する範囲を変更できます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「改ページプレビュー」って単語が出てきたら「ページの区切りを調整できる画面なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク