[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

個体識別番号

pointこの用語のポイント

point携帯電話の背番号だよ

point端末一台一台に割り振られているよ

point重複しないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

個体識別番号とは

携帯電話の端末一台一台に割り振られている重複のない番号のこと。
もう少しざっくり書くと

携帯電話の背番号
です。

image piyo

詳しく書くよ

携帯電話の端末それぞれに振られている番号が「個体識別番号」です。
どの端末からの通信かを特定したい際によく利用されます。

個体識別番号

個体識別番号は、「使う人」は特に意識する必要はありません。
「作る人」は携帯電話向けのWebサービスを作る場合によく登場しますので覚えてあげてください。

どの端末からの接続かを特定できるということは、その端末が過去に何をやったかも把握できるわけです。
例えば入力画面で前回入力時の内容を表示してあげたり、既にログイン済みだったらログイン画面を省略したりする際に使用します。
とは言え、端末側の設定で通知しないようにもできるので過信は禁物ですけどね。

ちなみに「個体識別番号」と呼ばれることが多いと思いますが、あくまで俗称です。
「個体識別情報」「端末識別番号」「サブスクライバID」「製造番号」など、携帯電話会社や端末によって呼び方が異なるのでご注意ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「個体識別番号」って単語が出てきたら「携帯電話の背番号なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク