[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

サイト

pointこの用語のポイント

point「Webサイト」の省略表現だよ

pointホームページのことだよ

pointWebページが集まったものだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

サイトとは

「Webサイト」のこと。
つまり

複数のWebページを集めて、ひとかたまりにしたモノのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「Webページ」と「Webサイト」あとは「ホームページ」について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

Webページは「インターネットの世界で見られる文書ファイル」です。
Internet ExplorerなどのWebブラウザホームページを見るときに使うソフト)で見ることができます。
インターネットの世界に転がっているファイルです。

サイト

Webサイトは「Webページが集まったもの」です。

サイト2

本を想像すると、イメージしやすいと思います。
本のページ1ページがWebページです。

サイト3

本のページが集まったもの、つまり1冊の本がWebサイトに相当します。

サイト4

簡単ですね。

これがWebサイトとWebページの関係性です。

また、Webサイトと混同されがちな用語に「ホームページ」があります。
せっかくなので、Webサイトとホームページの違いを整理しておきましょう。

繰り返しになりますが、Webページは「1つのページ」です。
本のページ1ページがWebページです。

サイト5

Webサイトは「Webページが集まったもの」です。
本のページが集まったもの、1冊の本に相当します。

サイト6

最後に肝心要の「ホームページ」ですが、ホームページは「Webブラウザを起動した際に最初に表示されるページ」です。
「おーらぁ!仕事を始めろやぁ!」とWebブラウザを動かした際に、起動直後に表示されるページのことを「ホームページ」と言います。

サイト7

ただし、一般的には「Webサイト」と同じ意味で使われています。
特に初心者の方ほど、Webサイトを意図して「ホームページ」と表現していることが多いはずです。

サイト8

まとめると

1.Webページ → インターネットで見られるページ
2.Webサイト → Webページを集めたもの
3.ホームページ → Webブラウザの最初のページ or Webサイトと同じ意味


となります。

これが、Webサイトと(Webページと)ホームページの関係性です。
気が向いたら、全部まとめて覚えてあげてください。

以上を踏まえて「Webサイト」の省略表現が「サイト」です。
コンピュータ関連で「サイト」と出てきたら「Webサイト」もしくは「ホームページ」と読み替えてしまって、かまいません。

サイト9

「サイト」自体には他の意味もありますけどね。
例えば、経理関係では「支払いサイト」のような用語が登場します。

とはいえ、コンピュータ関係で出てきた場合は「Webサイト」の省略表現です。
ホームページのことだと思ってください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「サイト」って単語が出てきたら「ホームページのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク