[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

火事場

pointこの用語のポイント

pointお仕事現場だよ

point誰もかれもがテンパってるよ

pointえらいこっちゃだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

火事場とは

いろいろトラブったり予算や期間が足りなかったりで予定通りに進まなくなっているお仕事のこと。
もう少し実情を話すと

誰もかれもがテンパってるお仕事現場のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

基本的にお仕事というのは予定通りに進まないものですが、それが度を越しているのが「火事場」です。
お金が足りない、時間も足りない、あっちでもこっちでもトラブルが起こったりなんだりで、どいつもこいつもへろへろで涙目になっている状態ですね。

火事場

火事場は別名「デスマーチ」とも呼ばれます。
計画段階から足りないのか途中で使い切ったのかは別にして、予算、人員、工期、休み、モチベーションが不足しているのが特徴です。
そのため大抵の場合はマンパワー頼みな状態になっています。
皆「効率の悪いやり方だなぁ」と気づいてはいても、少しでも前に進めるしかないと判断しちゃってる状態ですね。
「そう上手く行かねーだろ(つд`)」と分かりつつも、人を増やしたり長時間労働で対応するしかない状況です。

もし旦那さんが火事場状態のお仕事に参加・参画していたら、奥様は優しくしてあげてくださいね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「火事場」って単語が出てきたら「えらいこっちゃになってるお仕事現場のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク