[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ストレージ (storage)

pointこの用語のポイント

pointデータをしまっておく箱だよ

pointハードディスクとかCD-Rとかフロッピーディスクとかだよ

point「補助記憶装置」とも呼ばれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ストレージ (storage)とは

データをしまっておく箱のこと。
もう少し具体的に書くと

ハードディスクとかCD-Rとかフロッピーディスクとかのこと。
です。

image piyo

詳しく書くよ

コンピュータさんがお休みしているときにデータをしまっておく箱、それらをざっくりひとまとめにして表現したのが「ストレージ」です。

ストレージ

ストレージは「補助記憶装置」と呼ばれたりもします。
電気が流れていなくても内容を覚えておける代わりに、ちょっと動作がトロくてCPUさんと直接お話できないのが特徴です。

ちなみにメモリさんは「主記憶装置」と呼ばれ、電気が流れていないと内容を忘れちゃう代わりに動きが速くてCPUさんと直接お話できます。

話がちょっと逸れてしまうのですが、普段データはストレージ(補助記憶装置)に保管してあります。
保管されているデータを使いたいときは、ストレージ(補助記憶装置)から引っ張り出したデータを、まずメモリさん(主記憶装置)に渡します。
そしてメモリさんとCPUさんの間でそのデータをあれこれとやり取りするってな流れになります。

「ストレージ」って言葉だけを聞くとなんか小難しそうですが、実際には大したことありません。
ハードディスクとかCD-RとかUSBメモリとか、コンピュータの電源を切ったときにデータを保存しておく媒体を想像してください。
そいつらがストレージです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ストレージ」って単語が出てきたら「データを入れておく箱なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク