[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

RAID0+5

pointこの用語のポイント

point複数のハードディスクをまとめて1つのハードディスクっぽく扱う技術だよ

pointそんなやり方(RAID0したものをRAID5)はしないよ

point多分「RAID5+0」の言い間違いだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

RAID0+5とは

まずRAID0にしたものを、さらにRAID5にするぜ!……と言いたいところだけど、実際問題そんなやり方はしないんだよなぁ。もしかして「RAID5+0」のことを言いたいのかしら?のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

RAID0したものをRAID5するってのも理論上はあり得ると思うのですよ。
ですが実際に見たことは、ありません。
やってもメリットがないのでしょうね。

そのため「RAID0+5」と言った場合は「RAID5+0」のつもりで言っているか、何かの勘違いだと思います。

RAID0+5

ちなみに、RAID5+0は「まずRAID5にしたものを、さらにRAID0で処理速度も上げちゃうぜ!なRAID(レイド)のやり方」ね。
詳細は用語「RAID5+0」の説明を、ご覧ください。

RAID0+52

詳細は省きますが、RAIDのやり方には「RAID0+1」と呼ばれるやり方と「RAID1+0」と呼ばれるやり方があります。
RAID0+1とRAID1+0は似て非なるものです。

それと混ざっちゃってるのかもしれませんね。
実際に文字通りの意味で「RAID0+5(RAID0にしたものをRAID5)」に組むことは、まずないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「RAID0+5」って単語が出てきたら「RAID5+0のことを指しているか何かの勘違いだろうな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク