[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

RAID50

pointこの用語のポイント

point複数のハードディスクをまとめて1つのハードディスクっぽく扱う技術だよ

pointRAID5したものをRAID0するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

RAID50とは

「RAID5+0」のこと。
つまり

RAIDのやり方の一つで、まずRAID5にしたものを、更にRAID0で処理速度も上げちゃうぜ!なやり方のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

RAID5+0」は「まずRAID5にしたものを、更にRAID0で処理速度も上げちゃうぜ!なRAIDのやり方」ね。
RAID」は「複数のハードディスクをまとめて1つのハードディスクっぽく扱う技術」です。

この「RAID5+0」の別名が「RAID50」です。
ちょっと紛らわしいですが「50」ではなく「5」と「0」なのです。
見た目上は「+」があるかないかの違いですね。中身に違いはありません。
RAID5で組んだものを更にRAID0で組むとRAID50になります。

RAID50

中身の詳しい説明は「RAID5+0」の解説をご覧ください。

ちなみに「RAID01」「RAID10」コンビと違って「RAID05」はありません。
理論上はありえるのでしょうが、実際にやるメリットが無いのでしょうね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「RAID50」って単語が出てきたら「RAID5+0(RAID5したものをRAID0する)のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク